HOME > ゲーム音楽レビュー > オペレーションラグナロク

オペレーションラグナロク

並木学氏のデビュー作ということで、購入していた。私が知っている氏のサウンドというと、やはりバトルガレッガだ。作戦名ラグナロクなるものは知らんかったというか、まとも見たのはここ数年内に秋葉のHEYでといったところ。おそらく当時も見かけていたのだろうが、私の好むセンスではないので、忘れているのだと思う。

単なる再販ではなく、新規に掘り起こしたサウンド。それなりに力は入っていそうだ。期待3割、興味7割と言ったところで購入したわけである。

聞いた直後の第一感想。もろにそれっぽいハードコアテクノ。全開リッジレーサーだ、これは。

制作時期的には1994年初頭。リッジ1993年なので、間違いなくリッジの影響を受けているのだろう。もっともリッジ自体が当時のディスコブームに乗っていたわけで、その事を非難しても仕方がないとは思う。それをSTGに持ってきたところが、当時としては新しかったのだろう。

並木氏っぽさはないかと言えばそうでもない。むしろいけいけ調でない曲、ステージセレクトとか、Universe Blue辺りはその後のガレッガや、氏らしい曲につながったのかと思わせる。

この時期、この類のサウンドだと、どうしてもリッジレーサーやF/A辺りと比べてしまう。この2枚は突出してレベルが高いので、見劣りする部分があるのは仕方がないと言ったところだろうか。

デジタル録音版、アナログ録音版、加えてアレンジ2曲。決して悪いというものではないので、並木氏のファンなら買って損はないだろう。

当時、このゲームをプレイしていれば、もうちょっと違った感想だったのだろう。少しでもプレイすれば、F/AのようにBGM目当てプレイし続けたかもしれない。そういう勢いを感じさせるサウンドではある。

余談
EXTENDで細江氏が本ゲームのアレンジを演奏していたのだが、リッジのアレンジにしか聞こえなかった。


Related posts:

  1. MILESTONE SOUND COLLECTIONの発売決定
  2. エスカトスのプレイ感想
  3. 久遠の絆 -THE ORIGIN-が出るだと?
  4. ゲームミュージックブログ開始
  5. ゲームミュージックライブのEXTENDに行った件

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/soundreview/game88/trackback/
トラックバックの送信元リスト
オペレーションラグナロク - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲーム音楽レビュー > オペレーションラグナロク

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る