HOME > コラム > 大阪日本橋に行ってきた顛末2

大阪日本橋に行ってきた顛末2

前の記事はこちら。>大阪日本橋に行ってきた顛末

デジカメを落とした件は非常に参った。電車の中、あるいは歩行中に落としたのは間違いない。まずは近くのなんば駅に問い合せる。聞くと、自分が乗ったのはJRで、ここはいわゆる私鉄とのこと。実は言うと本記事を書いている今現在でも、大阪の私鉄を理解しきれていない。

新世界に戻りつつJRの駅で問い合せる。が、該当の品はなしのこと。まだ落としてから数時間。明日なら届けがあるかもしれない。めげていても仕方がないので、串カツを食って宿に戻ることにした。

宿は新今宮を出てすぐ、西成区にある来山南館。一泊二千円という破格の安さではあるけど、この近辺では高い方に位置する価格だから驚き。ちなみに私が見かけた最安は500円だった。

部屋は三畳、エアコン、テレビ、冷蔵庫付き。大浴場ありで、下のフロアではパソコンも使用可能。自炊することまで可能となっている。バックパッカーの利用が多いそうだが、実際国際色豊かな顔ぶれが本施設を利用していた。気に入ったので、ここに二泊することになった。

翌日。8時を過ぎたのを確認し、JRに電話で問い合せる。が、結果は前日と変わらず。SONYの落とし物はないとのこと。他のメーカーは色々とあったそうで、自分と同じことをしている人はたくさんいるようだ。

仁徳陵近辺の警察署を検索すると該当は二件。望み薄と思いつつも両方に電話をかけて、問われるままに特徴などを答えると、まず間違いなく自分のデジカメっぽいものがあるとのこと。ビンゴか。雨の中、また堺へ向かうことになる。結果、デジカメは手元に帰還。世の中の善意に感謝する。

せっかく来たので前日に回れなかったところを巡ることにする。ほぼ堺観光をしにきた形になってしまったけど、それも運命ということか。前日に仁徳陵で無料ガイドな方の話をうかがった感じでは、南宗寺が面白そうだったのでそこにも寄ってみる。

この寺は家康の墓があるとか、その他色々な有名人の墓があるとかで、ここいらでは一番有名な寺らしい。前日に引き続きガイドさんがいたので、色々と説明をしてもらった。なんとなくひっかかるものがあり、デジカメの拾い主の名前を出して、お仲間でないかと尋ねてみる。すると、やっぱりその通り。堺観光ボランティアな方々、マジに助かりました。その頃になるとすっかり雨もやんで、散策しやすい天気となっていた。

いよいよ西成区の散策へ。ネットでは日本唯一のスラム街など、やたらと悪い評判しか聞かない場所ではあるけど、実際にはどうなのか? 私に大した知識がないということを前提にまず結論を言ってしまうと、言われているほど悪くは感じなかった。少なくともNHKの朝連ドラの世界観で悪いものを感じない人が、あそこを見て悪く言うのはおかしな話だろう。商店街は暗めではあるし、昼間から飲んでいる人が多いところではあるけど、町並みはいわゆる下町と言ってもよく、良い意味で雰囲気のあるところだ。

多少犯罪率が高いかもしれないし、カメラを人に向ければ殴られるようなことはあるかもしれないけど、それは新宿歌舞伎町でも同じ話だ。というより、歌舞伎町の方がよっぽどやばいところではなかろうか。もっとも安全、何をしても大丈夫なところと勘違いされるのも困るが。

西成と言っても広くて、よく話に出てくるのは阪堺線を境に、西と東のごく一部の狭いエリアの事だと思う。その狭い範囲内に絞って言うと、東は小綺麗、西は浮浪者な方を多めに見かける。じゃあ東は安全かというと、飛田新地という趣の異なる場所、いわゆる遊郭では妙な行動は控えておいた方がよさげ。

よくスラムと呼ばれているのは、萩ノ茶屋を東に出て、北に向かって歩いた範囲なのだろうけど、ネットの情報ほど酷い感じもない。大分改善されているのではないかと思う。おっさん率が異様に高くて、例えるなら場外馬券場の雰囲気。よく酔っぱらったおっさんが歩いているので、ふらふら歩いているとぶつかって喧嘩になることはありそうだ。

あれを売っていそうな奴もみかけたけど、昔の原宿、上野とか普通に外国人がアルよアルよと寄ってくるぐらいの場所で、どこに行ってもよろしくないところはよろしくない。地元の人間がわざわざ足を踏み入れることはないのだろうけど、言われている程には悪い感じもなく、物価も安い雰囲気な街だった。

この近辺のど真ん中に西成警察署があるのだけど、マジに要塞みたいな作りでびびった。ここ以外にもあるけど安いので有名なスーパー玉出は名前もそうだけど、パチンコ屋にしか見えなかった。あと天王寺界隈でも見かけたけど、プリン売りのお姉さんがいるのも自分にとっては新鮮な日常の一コマ。あのプリンを断ってしまったのが、唯一の心残り。

西成のすぐ側の天王寺では日本一高いビルの建設中で、その仕事の需要も多いのだろう。光と影の関係のような対比めいたものを感じつつ、ようやく日本橋へ足を伸ばすことに。

もはやゲームミュージックと全く関係のない話になってしまっているが、懲りずに続く。


Related posts:

  1. 菅野ひろゆき氏が死去とのこと
  2. ニーアゲシュタルト&レプリカント オリジナル・サウンドトラック
  3. あすか120% MUSIC MEMORIES+
  4. ジャレコ レトロゲームミュージックの修正品が送られてきた
  5. ゲームミュージックブログ開始

コメント:2

餃子 2012/05/10

おおーデジカメ見つかったのですね。良かったです。

こういうのって一度紛失したら二度と出てこないと思っているのですが
世の中の良心というものを垣間見た感じです。

admin 2012/05/10

餃子さん

>こういうのって一度紛失したら二度と出てこないと思っているのですが
>世の中の良心というものを垣間見た感じです。

いやはや、私もそう思いました。正直、ほとんど期待していなかっただけに
嬉しかったです。
ありがたいと思うだけでなく、自分も世の中に少しでも貢献していきたいところですね。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/column/game1796/trackback/
トラックバックの送信元リスト
大阪日本橋に行ってきた顛末2 - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > コラム > 大阪日本橋に行ってきた顛末2

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る