HOME > コラム > 大阪日本橋に行ってきた顛末

大阪日本橋に行ってきた顛末

ゴールデンウィークと言えば家でゆっくりというのが、私にとっての恒例、毎年の日常と言ってもよかったのだが、今年は違っていた。大阪に行ってきたわけである。

当ゲームミュージックブログ的には西のオタクの聖地、大阪日本橋でんでんタウンこそが全ての目的と言いたいところだけど、ちょっと違う。目的は3つあり、1つは深夜バス。2つ目は西成区。最後に日本橋と言ったところだろうか。

二年ほど前に社員旅行で大阪に行き、日本橋は一時間ほど寄るには寄った。他の方々は満足していたようだけど、個人的には全くすっきりしなかった。その雪辱戦ということで、今回の大阪旅行。当ブログの趣旨に従っていない部分も多いが、旅行の内容に触れていきたい。

4/30の23時、新宿でバスに搭乗。大阪に向けて出発である。10分後には消灯で、全席がリクライニングシート状態となる。四列シートで少々前後の幅に余裕がある4900円のバスだったのだけど、これがまたとんでもなくキツイ。寝返れないのがこんなにキツイこととは思わなかった。寝るには寝られたけど、すっきり寝ることはできなかった。翌日7時半過ぎに大阪なんば駅周辺に到着。夜の時間を有効活用できるのはいいけど、むっちゃくちゃ疲れていた。

ほぼ無計画で大阪に来たので、バスの休憩所にて前日に買ったガイドブックを開く。朝早いので、早朝の日本橋を歩き、天王寺区の寺巡りをしつつ、通天閣へ。その後は西成近辺で取った宿に荷物を置き、路面列車経由で堺方面の寺巡り、仁徳陵を見てくることに決定。一通り回って戻ってくれば、日本橋近辺も賑やかになっていることだろう。

この一連の流れの詳細はごっそり省略しつつ、駆け足気味に軽く感想を書くと、大阪は非常に狭くて、寺が多くてびっくりということ。食い倒れなイメージが強いけど、それ以上に歴史的文化財の方が多いのかもしれない。

通天閣は平日ということもあり、あまり待たずに上れた。少々ぼられるけど、スカイウォークとやらで通天閣の外側をガイド付きで歩けるのも面白い。七福神ならぬ八福神が一人、ビリケン様の足の裏は掻くのが正解だそうで、どうでもいい知識もゲット。

レンタサイクルを借りて仁徳陵を回り、天王寺駅に戻ってきたのが17時頃。これは遅くなりすぎたと思ったけど、また明日も日本橋を回ればいいだろう。とりあえず予定通りに動こうと、日本橋へ向かう。

北に二十分も歩くと、日本橋の領域に入る。早朝と違い、ぐっと人の姿が増え、賑やかな町並みが広がっている。秋葉と比べるとスケールダウンしている部分があるのは確かだけど、それでも心が浮き浮きしてくるのを止められない。

まずは何も考えずに北へ歩き、西の難波方面へ曲がる。大通りの店舗を一通り見て少し落ち着いたところで、さてメモ代わりに写真でも撮っておこうかとデジカメを取り出し、取り出そうとし、気づく。いや、まさか、そんな筈はと思い直し、改めて確認。いや、座って落ち着いて、もう一度確認しよう。

ここに至って、どうしようもないぐらいに痛い現実、デジカメを落としたという事実を認識する。

疲れががどっと出て、一切のやる気が失せたので、新世界近辺で一杯飲んで宿に戻ろうということで続く。>大阪日本橋に行ってきた顛末2


Related posts:

  1. ゲームミュージックブログ開始
  2. CDの帯と価値観の相違
  3. CDの帯の価値
  4. 入手困難なゲームソフト程面白い
  5. ソーシャルネットゲーム業界が騒がしくなってきやがった

コメント:2

餃子 2012/05/09

おおー!大阪行かれたのですか!
しかもバス格安ですね。

GWは格安バスの凄惨な事故があったので複雑な面もありますが
やはり新幹線だと往復で3万近くするので、価格差は凄いですね。

にしてもデジカメ落とされたとは・・・泣けますね(´Д⊂

admin 2012/05/09

餃子さん

>しかもバス格安ですね。
>GWは格安バスの凄惨な事故があったので複雑な面もありますが

ガンガンとバスの事故ニュースをやっていましたね。気にしてもしゃあないので、利用しましたが。
ちなみに運転手は二人でした。あのニュース後に一人だったらさすがにひきます。

新幹線は2時間でつくのですから、やっぱりいいですね。高いですけど、それなりの
価値があるということでしょうか。

デジカメに関しては次の記事を参照ということで。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/column/game1791/trackback/
トラックバックの送信元リスト
大阪日本橋に行ってきた顛末 - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > コラム > 大阪日本橋に行ってきた顛末

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る