HOME > ゲーム音楽レビュー > あすか120% MUSIC MEMORIES+

あすか120% MUSIC MEMORIES+

PC-Engine版のサントラ。全27トラック、約54分。ストラニアの与猶啓至(ヨナオケイシ)氏を調べていたら、あすか120%もやっていることを知りました。そういや持っていたなと、引っ張り出してみることに。

あすか120%というと、98で出ていた格闘ゲーム。そこそこに人気はあったようで、他のハードに移植されていました。イラストは七瀬葵氏。途中から石田敦子氏に変わりましたが、かなりの違和感を覚えた記憶があります。

全くの未プレイですけど、半分以上はイラストで受けたゲームと認識しています。故にイラスト変えたらいかんだろうと、強く思った記憶があります。中古ではありますけど、ジャケット買いした口です。

しかし買ったはいいけど、どうしょうもないサントラだった記憶しかなく、あすか120%の与猶氏がストラニアをとか言われても、全く結びつきませんでした。

聴いてみて納得。半分はドラマです。しかも悪い意味で身悶えします。かなり下手気味。即封印したのも納得です。

しかし昔はビジュアル重視のゲームだと、こういうのが多かったですよね。声を付けたから、とりあえずドラマ。というより、ドラマとボーカルがメインで、おまけでBGMを入れて時間を稼ぐ、と。こういう構成なのは、ドラマの方が需要があるだろうと、制作者側が判断したからなのでしょう。

が、私みたいな人間はドラマなんてものを全く求めていないわけです。どうしても自分中心に考えてしまいますけど、ビジュアル重視の人は違うのでしょうかね? もっともジャケ買いした自分がこんなことを言うのも、おかしな話ですけど。

曲の評価というと、いかにもシンセっぽくて軽い感じはしますけど、悪いというわけではない。ところどころにそれっぽい雰囲気は感じます。合間合間のドラマを飛ばせば、十分に聴けるでしょうか。

やっぱり何よりも、ドラマのインパクトが強すぎますね。

私はたまたま手元にあったので聴きました。仮にストラニアが良かったからあすか120%にも興味を持った人がいたとして、無理して買うことはないかと思います。運良くどこかで巡り会うことがあるなら、買ってみてもいいのではないでしょうか。無理して買うのは、ゲームミュージックコレクターぐらいかな。

ちなみにTILDE GAME MUSIC COLLECTION VOL,9という形で、完全版が発売されているようです。与猶氏も関連している会社のようです。>TILDE Official Web

ドラマは聴く必要はないと思うので、こだわるなら完全版でしょうか。5000円とちょっとお高いですが。


Related posts:

  1. 夢幻戦士ヴァリスIIで萌えた奴はいるのか?
  2. ニーアゲシュタルト&レプリカント オリジナル・サウンドトラック
  3. 愛しのスノーマン
  4. シュガーコートフリークス
  5. AKiBA’S TRiP SOUNDTRACK + MiNi ViSUAL BOOK

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/soundreview/game568/trackback/
トラックバックの送信元リスト
あすか120% MUSIC MEMORIES+ - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲーム音楽レビュー > あすか120% MUSIC MEMORIES+

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る