HOME > ゲーム音楽レビュー > 雷電4オリジナルサウンドトラック

雷電4オリジナルサウンドトラック

XBOX360で発売されたシューティング、雷電IVについているCD。全27トラック73分。微妙に曲が足らなかったりするかと思いきや、全くそんなことはない。アーケード+XBOX360追加曲+アレンジの構成。攻略DVDを買うと何とか版が付くとかどうとか、いい加減勘弁してくれませんかね感がない、隙のない構成。

ぶっちゃけシューティングなんて、そんなに売れるものでもない。CAVEのように似たようなCDをたくさん出すのは勘弁してほしいけど、サントラを出して開発費を回収するのはありだとは思っている。中途半端なのは困るけど、ここまでしっかりしたのをおまけで付けられると、それはそれで不安になってしまう。そういう代物に仕上がっている。

JETとかは抜きにして、昔の雷電シリーズはどこかほのぼのとしているところがあって、個人的には物足りない感があったのも確かだ。本作品は雷電らしさを残しつつ(リメイクってのもあるのだが)、スピード感溢れる勢いのある音楽に仕上がっている。

佐藤豪氏作曲なわけだけど、この人はライブをちらほらとやっているらしい。ゲームミュージックライブのEXTENDでも、ベースやらドラムなバンドで雷電4を演奏していたけど、ゲーム中の曲もそういう感じのが多い。即ライブ演奏可能な方向性で曲を作っているのかも?

とは言っても、きちんとゲームミュージックしている。変に生音にこだわってしまって、ちっともゲームの曲として成立していない、なんてことはない。ライブでまた聴いてみたくもなった。

アレンジは全7曲。細江慎治氏やマイルストーンな方々が関わっていて、バリエーション豊かにやってくれている。詳しくは本家サイトのブログを参照ということで。>購入特典情報(同梱サントラCD)

全編通してゲームらしいゲーム曲のみの構成。シューティングらしくオーソドックスであり、勢いがあっていい。ただ私の好みで言うと、ボス曲はあまり好きではない。緊張感みたいなのが伝わってこなくて、ちょっと物足りない。ボス戦以外の曲は勢いがあって、凄く好きなのだが。

基本、ボス曲をリピート再生する事が多い私だが、本CDだとステージ曲とかEDをリピート再生してしまう。そこまで考えて思い出したが、過去のシリーズもそんな感じだった気がする。

全くおまけな作りになっていない本CD。過去の雷電シリーズの曲が好きだという方には、安心してお勧めできる。


Related posts:

  1. ゲームミュージックライブのEXTENDに行った件
  2. リッジレーサー3D ダイレクト・オーディオ
  3. エスカトスのプレイ感想
  4. ジャレコ レトロゲームミュージックコレクション
  5. 星霜鋼機ストラニア

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/soundreview/game410/trackback/
トラックバックの送信元リスト
雷電4オリジナルサウンドトラック - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲーム音楽レビュー > 雷電4オリジナルサウンドトラック

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る