HOME > ゲーム音楽レビュー > ゲーム天国~戦え!DJ戦隊ゲー

ゲーム天国~戦え!DJ戦隊ゲー

JALECOのアーケード萌えシューティング。私が始めて萌えというものを強く意識した、萌え+シューティングの組み合わせだった記憶があります。

ガンバードのように、静止画キャラ有りシューティングは色々ありますけど、どでかい女の子がボスなのは、これぐらいしかない気がします。パロディウスのはボスって感じでもないし、そもそも萌えの範疇にありません。

ゲームはSS版、PS版があります。SS版は持っていますが、内容に関しては別の機会にということで。軽く言ってしまうと、萌え色が濃いパロディウスです。

本サントラ。ゲームミュージックかというと、ちょっと違う。いや、全然違うか。ドラマCDと言ったほうが正しい。ミニドラマ&ボーカル曲の構成。ゲームのBGMなんぞは知ったことか、萌えシューティングなんだから声優ドラマで満足だろ、ん? そんなメーカーの声が聞こえてくるかのよう。声優の面子もそんな感じです。

安易に萌えに走った凄まじく手を抜いた代物かと思いきや、予想に反して音、曲も含めてしっかりしています。シューティング系ゲームミュージックとは言いたくないけど、それなりにまともなものには仕上がっています。

正直言いますと、ドラマを出すのは結構だけど、オリジナルサントラも出せと言いたいですけどね。

微妙にプレミアがついていて、例えシューティング系ゲームミュージックコレクターだとしても、無理して買うものではありません。ただ酷いものでもないので、安いのを見つけた時にでも買ってみてはいかがでしょうか。

しかし今になって振り返ってみると、1990年代、このタイトルが出た頃がジャレコの全盛期だったのでしょうね。当時のジャレコは二番煎じ気味ではあったものの、それなりにしっかりしたものを作っていました。

余談。久しぶりにSS版の説明書を見ると、サウンドテストがあることが判明。どうしても聴きたければ、それで済ますのも一つの手です。


Related posts:

  1. オペレーションラグナロク
  2. UPL レトロゲームミュージックコレクション
  3. ゲームミュージックブログ開始
  4. MILESTONE SOUND COLLECTIONの発売決定
  5. ニーアゲシュタルト&レプリカント オリジナル・サウンドトラック

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/soundreview/game154/trackback/
トラックバックの送信元リスト
ゲーム天国~戦え!DJ戦隊ゲー - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲーム音楽レビュー > ゲーム天国~戦え!DJ戦隊ゲー

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る