HOME > ゲーム音楽レビュー > 並木学 WORKS VOL.2 ~サンダードラゴン2~

並木学 WORKS VOL.2 ~サンダードラゴン2~

ピキューーーン、ピキューーーン、ピキューーーン。3連発かよっていうか、BGM以上にボンバー効果音を思い出すサンダードラゴン2。というか、雷龍2のサントラを購入しました。サンダードラゴンと読んだことは一度もないですね。

タイトルから分ると思いますが、並木学氏作曲です。スィープレコードから発売。17トラック48分。アレンジは2曲で、並木氏と細江氏が担当しています。

結論を言ってしまうと、正にファンの為のサントラでしょう。並木氏のファン、且つ多少なりともゲームに思い入れがないと、ちょっとキツイのではないでしょうか。アレンジ2曲入っているとはいえ、2600円という値段に見合わない内容です。曲そのものは好きですけど、やっぱり少ないですね。承知の上で買っているのですが。

細江氏のアレンジは現代風アレンジです。並木氏のアレンジは完全にピアノ曲です。ブックレット中で「腕のある方は演奏してくれ」とありますけど、どうせなら譜面ぐらいは入れて欲しかったですね。ペラいブックレットだし、それぐらいはやってほしかったところです。

道中の曲は2曲しかないと思っていたのですけど、話によるとちょっと違うとのこと。疑問に思いながら聴いたのですけど、確かにちょっと違いますね。途中のメロディが違うもの、メロディが全くないものの3パターンを用意しています。7面で感じてた違和感は、これだったのか。理解していませんでした。

本ゲーム、金を入れるといきなりズンドコズンドコ、さっさとプレイしやがれと言わんばかりにBGMが鳴り始めます。放ってたらどうなるのだろうと疑問に思った事はあるのですけど、耐えきれずにスタートを押してしまいました。一生鳴りっぱなしなのだろうか。

スピード感溢れるシューティングです。最初は全然肌にあわなくて、結局真面目にプレイしたのは数年経ってからでした。多分金銭的に豊かになったってのも大きいのでしょう。雷電2みたいのはかったるく感じるようになり、JETや本ゲームみたいなスピード感があって、さくさく遊べる方が面白く感じるようになっていました。

全8面。結局、7面がクリアできませんでした。とにかく殺意丸出しな超速な弾にポコポコやられる、やられる。ボンバーがたくさん出るゲームですので、要所要所で躊躇うことなく使うパターンを作っていくゲームです。が、私は中途半端にボンバーを温存しようと思うものだから、安定しなくて駄目でしたね。

私は自力では見ていませんけど、ラス面の出だしがコイン投入時の画面なのに感心した記憶があります。1Pと2Pで機体の性質が異なったり、文字を壊せたり、早回転の稼ぎがあったりと、ちょっとした工夫が随所に見られたゲームです。

ちゃらい感じはなく、鋼鉄の塊と塊のガチ勝負という感じが、絶妙な味を出していました。地味ではありますけど、妙にツボにはまったシューティングゲームではあります。


Related posts:

  1. モンスターレア
  2. Rhythm
  3. 星霜鋼機ストラニア
  4. 雷電4オリジナルサウンドトラック
  5. ライデンファイターズ攻略DVD

コメント:2

餃子 2011/12/25

雷龍は1か2か忘れましたが、いい意味でBGMがメタルホークというかナムコっぽい印象を受けました。

1と2、ちょうど今ナツゲーミュージアムに入ってますね。
確かにスピード感とテンポがあって敵の攻撃も今風の縦シューにはないノリですよね。
2人でワイワイ遊んだら楽しそうな印象があります。

admin 2011/12/26

餃子さん

2は結構見かけますけど、1はあまり見かけませんね。私自身、あまり
プレイした記憶がありません。マクロスの方が印象に残っていますね。

2は1p、2pでタイプが異なるので協力しあうと、かなり進めやすそうですね。

メタルホークですか。あれもプレイした記憶がありません。遊ぶというか
筐体に振り回された記憶しかありません。敵ヘリがいやらしすぎです。
今にして思うとバブリーな筐体でしたね。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/soundreview/game1468/trackback/
トラックバックの送信元リスト
並木学 WORKS VOL.2 ~サンダードラゴン2~ - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲーム音楽レビュー > 並木学 WORKS VOL.2 ~サンダードラゴン2~

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る