HOME > ゲーム音楽レビュー > 東亜プランシューティングクロニクル

東亜プランシューティングクロニクル

とっくの昔に買っていた東亜プランシューティングクロニクルです。放置しっぱなしでしたけど、このままでは何のために買ったのか分からないので頑張って聴きました。

1枚目、約57分51トラック。タイガーヘリ、スラップファイト、飛翔鮫、究極TIGER、達人。
2枚目、69分35トラック。ヘルファイヤー、大旋風、ゼロウイング。
3枚目、34分24トラック。鮫!鮫!鮫!、ヴィマナ。
4枚目、58分35トラック。達人王(ステレオ、モノラル板)、ドギューン!!。
5枚目、73分31トラック。V・Ⅴ、バツグン。
6枚目。DVD。開発資料、雑誌のインタビューなど。

大旋風、スラップファイトは初めてサントラ化されました。個人的にはこれが一番のメインです。余談ですけど、長年スクラップファイトだと思っていました。

新規曲は5枚目の東亜プラン シューティングクロニクルメドレー。達人王の「Faze (Stage 6) Intro Version」。その他にはType-Bという文字が入った曲が幾つか収録されています。

まずはType-Bについて。私が軽く聴いた感じだと、1面のイントロがちょっと違う程度の曲です。達人王の「Faze (Stage 6) Intro Version」とやらは、本当にちょっとしたイントロそのものです。

メドレーは悪くはないですけど、既存の曲をそのままつなげただけです。はっきり言って、新規曲目当てで買う必要は全くありません。どうせならアレンジ曲を入れて欲しかったですね。

大旋風、スラップファイトに関しては、単純に嬉しいですね。どちらもクリアできる程度にはやりこみましたので、それなりに思い入れはあります。スラップファイトは耳に残っているので、特にいい感じです。

音質に関してですけど、過去の作品と比較して、全体的にすっきりとして見通しのいい音になっています。ちょっとうるさい感じもしますけど、基本的にはいい方に変化しています。ただ比較のためにドギューンの旧盤を引っ張り出して聴いてみましたけど、あれはあれでゲーセンっぽくて味があって良いかもしれません。

DVDには開発資料、インタビューなどのデータがpdfとして収録されています。

東亜プラン企画書集
東亜プランシューティングチラシ集
東亜プラン特集掲載月刊ゲーメストの抜粋
東亜プランインタビューの写し
東亜プラン元開発スタッフ上村建也氏&弓削雅稔氏インタビュー完全版

インタビュー系は素直に楽しめました。東亜プラン企画書集は700ページ近くあります。おそらく本当に重要なのは抜いているとは思いますけど、開発の資料をそのままpdfにぶちこんでいます。マップの仕様、社内ツール? の説明とかが大半です。これを楽しめる人はよっぽどでしょう。

新盤を買えば旧盤はいらなくなるかと思っていましたけど、旧盤のドギューン、ヴィマナ、達人王にはアレンジが収録されていました。そういうのは今回のに収録されていません。そこまでこだわることはないのでしょうけど、微妙に違いがあるので、両方持っていても悪くはないのかもしれません。

私は東亜プランのサントラを全部持っているわけではないので、悪い買い物ではありませんでした。全部持っている人は、ちょっと厳しいかもしれません。もっとも全部持っているような人は、何も考えずに今回のも買うのでしょうけど。

多少なりともゲームをプレイしていた人が買うべき商品だと思います。当時プレイはしていたものの、サントラには全く興味のなかった人。そういう人が今頃になって興味を持ったのであれば、これ以上の商品はないのではないでしょうか。

個人的に一番記憶に残っているのは、飛翔鮫の5面です。あのキラキラした感じが非常に記憶に残っています。最終面にいかないと聞けないというのが、またにくいところ。


Related posts:

  1. ジャレコ レトロゲームミュージックコレクション
  2. 星霜鋼機ストラニア
  3. 雷電4オリジナルサウンドトラック
  4. NATSUGEYA Limited Bonus Disc.
  5. ライデンファイターズ攻略DVD

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/soundreview/game1462/trackback/
トラックバックの送信元リスト
東亜プランシューティングクロニクル - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲーム音楽レビュー > 東亜プランシューティングクロニクル

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る