HOME > ゲーム音楽レビュー > Rom Cassette Disc In SUNSOFT Remix

Rom Cassette Disc In SUNSOFT Remix

Rom Cassette Disc In SUNSOFTが面白かったので、ついでにRemixも買ってみました。Remixでない方がFCのサウンドそのもので、本タイトルは全力でアレンジが入った代物となっています。

1枚目は10トラック56分。SUNSOFTの色んなタイトルから選ばれたものがアレンジされています。タイトルが多いので全ては書きませんけど、いっき、東海道、、アトランティス、へべれけ、リップルアイランド等々という構成です。

2枚目は18トラック約26分。1枚目にも収録されていますけど、ギミック(FC)の曲のみで構成されています。扱い的には初回限定版付属とのこと。2曲はアレンジで、その他はファミコン音源の基となったデモ音源です。

正直言ってしまうと、私がプレイしたことがあるのはいっき、東海道、アトランティス、マドゥーラぐらいです。なので、大半の原曲を知っているわけではありません。が、私が知っているいっきですら、パッと分らないですね。アレンジ入りすぎて、分らん分らん。

クオリティは高い。それは間違いないです。一言で表すなら、超ゴージャスアレンジ。ボーカル、コーラス、情感たっぷりな生音。いっき、アトランティスとか笑えるレベルに達しています。ただゴージャス過ぎて、レトロという意味でのゲームミュージックらしさが薄いですね。意表をつかれすぎて、ちょっと違和感を感じてしまいました。

そういう意味で、おまけである2枚目の方が素直に楽しめました。私はファミコン後期のタイトルは馴染みが薄いのですけど、このギミックというのは凄いですね。SFC辺りと比較しても、十分に聴けるレベルに達しています。youtubeのプレイ動画もざっくり見てましたけど、機会あればプレイしたいものです。

SUNSOFTのゲーム好きなら、買って損はないのではないでしょうか。私は違和感を覚える部分もありましたけど、できはいいと思います。

それにしてもサンソフト好きな人というのは、世の中にどれだけいるのでしょうね。マイノリティなのは間違いないとは思います。もっと言うなら、かなりのひねくれ者でしょう。

ちなみに私はへべれけすらプレイした事ありません。SUNSOFTのタイトルの大半をプレイしていませんので、こういうCDを買っても本当の意味で楽しみきれないのかもしれません。

等と思いながらブックレットを読んでいると、その中にアウトライブ、弁慶外伝の名前を発見。PCE派な私は両方ともクリアしていたという事実。これらのタイトル、SUNSOFTだったのか。世の中的には、SUNSOFTタイトルをプレイしていた側の人間なのかもしれません。ある意味、ショックです。


Related posts:

  1. Rom Cassette Disc In SUNSOFT
  2. UNDER DEFEAT REMIX
  3. NATSUGEYA Limited Bonus Disc.
  4. ニーアゲシュタルト&レプリカント オリジナル・サウンドトラック
  5. AKiBA’S TRiP SOUNDTRACK + MiNi ViSUAL BOOK

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/soundreview/game1432/trackback/
トラックバックの送信元リスト
Rom Cassette Disc In SUNSOFT Remix - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲーム音楽レビュー > Rom Cassette Disc In SUNSOFT Remix

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る