HOME > ゲーム音楽レビュー > SQ Chips

SQ Chips

FFを中心としたスクエニ作品のチップチューン系アレンジCD。基本的にピコピコなっているアレンジものです。

18トラック78分とはっきり言って長い。聴くのも一苦労な構成となっています。個人的にはFFではなく、アイハンダー期待の購入となります。

クロノトリガーの出だしで「全然チップチューンじゃねぇ」と思わせておきながら、メロディはしっかりピコピコ音。本当にファミコン風にアレンジというわけではなく、適度に使っているという感じでしょうか。

それにしてもピコピコピコピコ、曲にもよるけど凄まじいのが幾つか。PSGな堅い音というのでしょうか。耳に痛いです。聴くのに体力使います。疲れている時にはキツイですね。

期待していたアインハンダー&シルフィードは微妙な感じでした。ちなみに衛星&OPな構成です。

メドレーものが多いですね。美味しいところを詰め込んだ感じの曲が多い。それで78分という長さになっている。耳には痛いですけど、飽きない構成です。いいと思う曲は結構多く、挙げるとキリがない。クロノは元曲が良いってのもあるのでしょうけど、どれもいい感じですね。ラストは9分以上もあるFFのEDメドレーで締めるところが、なかなかにいい感じです。

個人的にはFFに偏らずに、もうちょっとマイナータイトルから収録してほしいものです。ただFF需要が一番多いのは間違いないでしょうから、ついでという形でもプロジェクトシルフィード等がアレンジされることに喜ばないといけないのでしょうけどね。

想像していた以上に面白い作りでした。無理してアレンジものに手を出すことはないと思いますけど、FF好きなら買って損はないのではないでしょうか。言うまでもないことですけど、全開で生っぽい音楽が好きな人は触れない方がいいです。

ヴィレッジヴァンガードという雑貨屋で買うと、特典CDを貰えます。全6曲14分。収録曲は以下の通り。

1,FF プレリュード
2,Chip de Chocobo
3,武蔵伝 スカル=ピオン
4,FF5 新しき世界
5,FF4 いつか帰るところ
6,FF マトーヤーの洞窟

おまけなせいかどうかは分かりませんが、本編に比べると軽くさくっとファミコンっぽいシンプルな構成です。私がイメージしていたチップチューンにより近い感じです。本編を聴いた後だと、耳直しに丁度いい感じです。というか、本編は通しで聴くと本当に疲れる。歳のせいなのだろうか。

あと最後に。デュープリズムが入っていません。発売前もそうだし、未だに公式でデュープリズムのタイトルがあるのは、さすがにどうかと。


Related posts:

  1. 台場合衆国スクエニ州 零式&効果音&Chips
  2. ニーアゲシュタルト&レプリカント オリジナル・サウンドトラック
  3. エルシャダイ オリジナルサウンドトラック
  4. ニーア オワリノウタ&ウラギリノコエ
  5. Tiara サントラ

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/soundreview/game1185/trackback/
トラックバックの送信元リスト
SQ Chips - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲーム音楽レビュー > SQ Chips

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る