HOME > ゲームプレイレビュー > シュタインズゲート プレイ感想2

シュタインズゲート プレイ感想2

シュタインズゲートのレビュー。ネタバレありなので、プレイする予定のある方は見ない方がいいだろう。ネタバレなしのレビューはこちら。>シュタインズゲート プレイ感想

しかしタイムトラベルものをプレイすると、必ずYU-NOと比較してしまう。ゲーム性を併せ持ったADVで、大変よく出来たゲームです。が、神格化しすぎている感は否めないので、再プレイした方がいいのかしれない。今プレイすると、全く違う感想になるのかもしれない。

以下の内容は、基本的にツッコミとなる。好意的な文章しか読みたくないという方は読まないほうがいいだろう。

空想科学ということで、実現可能っぽい嘘科学を前面に出している。肝となっているのは、自分の記憶を過去の自分に転送するというタイムリープ。人間そのものをブラックホール→ホワイトホール経由で過去に転送するのは無理だけど、デジタルデータならいけるでしょうという発想。面白いと思う。

作中では記憶データは3.2Tほどになるとのこと。それじゃ大きすぎて送れない。だから別のブラックホールを使ってデータ圧縮。この理論に関しては、首をかしげることに。ブラックホールを通そうがデジタルデータは不変、という理論からのタイムリープ。なのに、ブラックホールを使ってデジタルデータの超圧縮は無理でしょう。素直に丸ごと送れる設定にするか、分割送信で済ませばいいと思う。

タイムリープというアイデアは面白かったけど、結局最後は未来にも過去にも人間が飛べる万能アイテム、タイムマシンが出てしまう。こんなのが出来ると何でもありになってしまうので、せいぜいα世界線の鈴羽が使った、過去にしか飛べないタイムマシンぐらいで抑えてほしかったところ。

主人公だけがリーディングシュタイナー という能力を持っていて、世界の変動を認識できる。主人公だけが過去をどう変えようが、その変えた方法と結果を覚えている。この類のゲームの主人公は必ずこの能力を持っていて、いわゆる神様視点、ユーザ視点で物を考えられる。YU-NOだとリフレクターデバイスとやらで、この辺の問題を解決していましたっけ。

むちゃくちゃ能力だけど、主人公が生まれ持った特殊能力。で、済ましてくれるのなら個人的には納得できる。が、実は言うと弱いなりに皆持っている能力で、ヒロインが別の世界のことを都合よく思い出して問題解決する展開は、どうかなと思った次第。知恵、機転で何とか解決して欲しかった。特にネコメイド。

あちらこちらに伏線が張られて、ただそれらにしっかりヒントは用意されているのは良かった。適度な難易度のヒントなので、なるほどと思いながら読めるだろう。ブラウン管42型の秘密とか、「おいおい、だから下の階のあれでしょう」とゲーム中のキャラにツッコミながら読める感じ、私は好きです。

クリスを殺した犯人は主人公。これはお約束ということで、最初から予想していました。が、ドクター中鉢は全くの予想外。導入のギャグキャラだと思っていたら、まさかクリスの父親だったとは。もっとも立ち絵が出てくるキャラ皆が関係者なゲームなので(4℃を除く)、推理うんぬん関係なく想像するべきだったか。ちょっと悔しい。

クリスと父親は和解する方向に持っていくのかと思っていたら、その見込みは全くなさそうな感じで終了。基本的に色んな人の思いを犠牲にして話が進むわけで、最後も甘っちょろい感じはなく終わったというのは、逆にすっきりしてよかった。

クリスを殺さずに、自分で出血して世界を騙すというのは、面白いアイデアなのと同時に、ちょっと無理な感じも。主人公のタイムパラドックスだけを避ければいい=主人公が神ってことだから。

最後に気になったところを一つ言うなら、無制限にタイムリープしていたこと。最初はタイムリープのリスクを色々と語り、おっかなびっくりでやっていたのに、途中からやりたい放題の実行。主人公は2010年に絶対に死なないことが確定されて、且ついくらでもやり直しできる状態になると、ちょっと緊迫感にかけます。

しかしタイムトラベルものは、真剣にツッコミ出すとキリがない。矛盾はどこかで必ず発生するので、展開のノリと勢いを楽しむのがベストです。そういう意味では、本当によくできていました。

ただもう一転二転すると思っていて、実は言うとSERNの手のひらで踊らされていた展開がくると思っていたので、ちょっと拍子抜けしたところはあります。光回線の直結ネタも、そういうところに繋がると思っていたので

あまりヒロイン萌えする感じのゲームではないけど、ヒロインでどれがいいかと聞かれるとクリス。ベストは主人公。全くギャルゲーしていない気がするけど、それは外伝のお楽しみなのでしょう。

私は普通にギャルゲーを楽しむ人間ですけど、ギャルゲーは絶対にやらないと言い切る人間がいるのも確かです。そういう層も本タイトルをプレイしているようなので(これはギャルゲーではないらしい)、うまいところをついているのかもしれません。


Related posts:

  1. シュタインズゲート プレイ感想
  2. AKIBA’S TRIP プレイ感想2
  3. AKIBA’S TRIP プレイ感想
  4. D→A WHITE プレイ感想
  5. my merry may with be

コメント:7

餃子 2011/09/12

感想1と共に興味深く拝読させていただきました!

自分も水曜の夜にクリアしました。
本当はもっとゆっくり遊びたかったのですが、同じく仕事中も
話の続きが気になって仕方がなかったんですよね(笑)。

家に帰って時間がないので30分だけ・・・のつもりが
いつの間にか3時間半経過とか、連日睡眠不足になるぐらいハマりました。

コメント欄であれこれ話してもキリがないので
今度、各舞台を聖地巡礼しながらシュタゲ話しましょう!

random walk 2011/09/12

半年くらい前にクリアしました。そのときは、カオスヘッドノアもやりました。このシリーズですが、製作者が99%の科学と1%のファンタジーと言っていることが気になります。わざわざ、こんなこと言わなければ突っ込まないのですが、ご指摘の点も含めて、科学的には突っ込みどころ満載です。99%なんて大嘘もいいとこです。まあ、半分冗談ですが、ストーリー展開はどちらの作品も好きで、当時はやめ時を失う面白さでのめりこみましたね。毎日、寝不足で会社に通ってました。登場人物で肩透かしを食らったのは4℃ですね。もっと何かあるのか期待したけど、何もなかったという。それ以外は、大体満足です。次回作も気になるところです。

admin 2011/09/13

random walkさん

>99%の科学と1%のファンタジー
これはちょっといい過ぎですね。同意です。民明書房刊なみにさらりと言いますので、
勘違いする人もいるのかもしれませんが。
ただまあリアリティを持たせる努力はされているので、そこは面白いところでしょうか。

>当時はやめ時を失う面白さでのめりこみましたね。

私も平日に3時間以上とか普通にやっていました。先が気になるので、ついついあとちょっとと
続けてしまうのですよね。

アクションなんかだと何時間もやる体力が続かないのですけど、ADVだとそういう疲れは
ないので、長時間プレイできてしまうんですよね。困ったものです。

次回作は88風グラフィックで、内容はギャグよりなんですかね。変わったことはしているようなので
どんなもんかと興味は尽きません。

admin 2011/09/13

餃子さん

おお、もうクリアされましたか。ならネタバレはOKですね。

>本当はもっとゆっくり遊びたかったのですが、同じく仕事中も
>話の続きが気になって仕方がなかったんですよね(笑)。

正にそれですよね。気になって仕方がない。ならすっきりしようと、ぶっ続けでプレイ
してしまいました。平日は1日1時間ぐらいで抑えたいのですが。

>今度、各舞台を聖地巡礼しながらシュタゲ話しましょう!

ドクターペッパーですか。ぜひ飲みましょう。

私はあれ、好きなんですけどね。HEYからなくなってしまったのは残念です。

餃子 2011/09/13

こんなのを見つけました。熱いです(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=7qoxnkneIpA&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=y-Iv3L04wAE&feature=related

餃子 2011/09/13

たびたびすみません。

あとこんなPV見つけました。面白いです。
http://www.youtube.com/watch?v=RJA1ErJLxLY

admin 2011/09/14

餃子さん

情報ありがとうございます。

しかし色んなものが出ていますね。小説は資料にもなりそうなので、
ちょっと読んでみたい気もします。アニメはまあ、よっぽど暇なときに
チェックという感じでしょうか。漫画とかはどうなんでしょうね。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/playreview/game991/trackback/
トラックバックの送信元リスト
シュタインズゲート プレイ感想2 - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲームプレイレビュー > シュタインズゲート プレイ感想2

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る