HOME > ゲームプレイレビュー > 夢幻戦士ヴァリスCOMPLETE PLUS プレイ感想

夢幻戦士ヴァリスCOMPLETE PLUS プレイ感想

ProjectEGG10周年記念で発売されているヴァリスのセット品を購入しました。限定500本で11月に発売されたのですが、年明けでも余裕で購入できました。500という数字が嘘なのか、単純に売れていないのか。>公式サイト

以前に発売された夢幻戦士ヴァリスCOMPLETEに2タイトルを加えた、6タイトルが収録されています。見栄えのいいPCエンジン版を収録しつつ、MDとSFC版も加えたという感じでしょうか。全てがエミュレータ起動となり、PC上でプレイします。

一通りをクリアするのに疲れました。エミュ特有のクィックセーブがあるからクリアできましたけど、なかったら無理ですね。昔の自分なら、もうちょっとは普通に頑張れたとは思いますが。

ちなみに私は完全にヴァリス初プレイです。という前提条件をつけたうえで、各タイトルのレビューとなります。

夢幻戦士ヴァリス

シナリオ。魔王ログレスが夢幻界に攻めてきた。普通の女子高生がヴァリスの戦士に任命され、わけのわからんままに戦うことに。かなり無茶苦茶な話ではあります。

PCエンジン版。4の次に発売されたそうです。後発だけあって、2よりずっと出来がいいです。が、仕方がないとは思いますが、4と比べると下です。当時にしても今更感があったとは思いますけど、小遣い稼ぎに発売したのでしょうか。

パターンを覚えるゲームです。ボス戦は死ぬか、ノーダメでクリアするかの2択と言っていいぐらい。正確に言うと、ノーダメでクリアするぐらいになる必要があり、その理由は後述。ステージの構成にもよりますけど、ボスで死ぬとステージの最初からやりなおしになることが多いので面倒。かと言って、ボスのところから復帰した場合でも、パワーアップが弱くなった上での復帰なので、やっぱり手詰まり気味になるという。

このゲームの凄いところは、ステージクリアの概念がないらしく、ボスを倒しても体力が回復しません。ボス戦直後に死ぬのは珍しい話ではなく、やっぱり死ぬと攻撃力がガタ落ち。死なないプレイを求められる部分があるので、クィックセーブがなかったら、相当に面倒です。

ヴァリスはむずいとは聞いていましたけど、確かにむずい。一番最初にプレイしましたが、その洗礼をくらわせてくれたタイトルです。もっとも後日談があり、バリア魔法の存在を知ったら、大分楽になりました(マニュアル読めよ)。

夢幻戦士ヴァリスⅡ

シナリオ。ログレスの兄であるメガスが復活して、やっぱり攻めてきたので撃退することになる。この調子で3では親父でも出てくるのか? と思いましたけど、それはさすがにありませんでした。

PC-E版では一番最初とのこと。仕方がないのでしょうけど、ファミコンくさいグラフィックで萎えることに。かなり身構えてプレイしたのですけど、1に比べると全然簡単。一部の道中はキツイですけど、ボス戦が楽です。合間のビジュアルデモは、頑張ろうとしている雰囲気は感じられます。

1の事件後の話なわけですけど、1では普通の女子高生が戸惑いながら戦いに身を投じていくのに対し、2ではえらく殺る気まんまんなので笑いました。成長しすぎです。

PC-E版だと幻夢皇帝メガスで、PC版だと残忍王メガス。キャラの設定が全然違うそうです。優子は「メガス、お前だけは絶対に許さん」な勢いなんですけど、合間のデモではメガスがえらくまともなことを語っているので、そこまで酷いか? と思うところもありました。PC版の影響があったのかもしれませんね。

夢幻戦士ヴァリスⅢ

シナリオ。魔界は亜空間に飲み込まれ滅びようとしていた。新たなる魔界の王となったグラメスは、魔界を捨てて人間界、幻想界の連中を皆殺しにした上で移住することを決意する。お互いに譲れない理由がある、という感じでしょうか。

本作では3キャラを切り替えながら進められるようになりました。キャラの特性を見極め、使い分けていく必要がある。と思いきや、ほとんど優子一本で通してしまいました。攻撃パターンがちょっと違うだけで、使い分けする必要のあるシーンがほとんどありません(ラス面でヴァルナを使うぐらい?)。鞭使いのチャムは墓場でガイコツと戦ったりすると、どこからどう見てもヴァンパイアハンターにしか見えません。ありがとうございました。

あまり意味のない3キャラの切り替え。が、ビジュアル的には映えますね。普通ヒロイン系優子、その妹の大人しめ目系ヴァルナ、元気系チャムと、お約束3タイプのヒロインが揃ったわけで、それだけでも価値があるでしょう。

本作で優子は引退するので、シリーズ3部作の完結編みたいな感じです。アクションとしては不満の残る点が多々ありますけど、キャラゲーとしては完成されたのかもしれません。

ゲームを開始すると、アクションがスタートするまでに長々とデモが入ります。ビジュアルゲームとして、着実に進化しているのが見て取れます。当時にプレイしていたなら、結構感動したと思います。

一番残念だったのは1のラスボスだったログレスが復活して、大したこともなく退場したことでしょうか。

夢幻戦士ヴァリスⅣ

シナリオ。人間界に封じられていた魔幻衆の王子ガルギアが復活し、人間界と夢幻界を制圧。レジスタンスのレナはガルギアを倒す力を欲し、ヴァリスの戦士になる為の試練に挑む。こんな奴が人間界に封印されていたのもどうかと思いますけど、いきなり人間界崩壊で3までの流れを全否定。吹きました。

まず最初に言います。全てにおいて一番が出来がいい作品です。シナリオの流れはヴァリスになる為の試練編、ガルギア討伐編の2つです。非常に自然な流れで話が進みますね。

3同様、キャラは3キャラいて、切り替えながら進めていきます。キャラの特性がしっかり分かれていますので、使い分けながら進めることのなります。うまくできていると思いました。

ボリュームも非常に多いです。全部で9面あります。山場は4と9面でしょうか。ボス戦は選択キャラでセリフが変わったりと、地味に変化があります。よくできているのではないでしょうか。相変わらず一部の難易度が高いですけど、最初からこのクオリティなら安心のテレネットクオリティとか言われなかったことでしょう。

問題なのはキャラの魅力が弱いことでしょう。3と比べると、明らかに華やかさに欠けます。キャラゲーだっただけに、仲間に男(魔族)を入れてはいけなかったのかもしれません。女性陣2人も、3に比べるとあれです。レナは変身すると優子の赤髪バージョンみたいになり、非常にヒロインっぽくなるのですが、あまり前面に出されていませんでした。

5が出なかったことから察するに、4は失敗気味だったのではないかと推測しています。ゲームとしては真っ当なだけに、非常に惜しいですね。

ヴァリスSD

2のMD版。デフォルメされたキャラ達のアクションゲームとなっています。着替えシステム(速度などのパラメータが変わる)が特徴です。

見栄えは悪くないのですけど、はっきり言うとクソゲーの部類。独特の操作感、速攻でワンパターン化するボス。どこをどうとっても面白くありません。難易度が高いと聞いていたけど、個人的には一番簡単でした。2面がクソ難しかったけど、あとは操作になれてしまったせいか余裕でした。

パワーダウンの概念がないのは良かったですね。正攻法でクリアできた唯一のタイトルです。

スーパーヴァリス

4のSFC版。PC-E版のヴァリスの戦士になるまでの過程を省略した上で、キャラ切り替えをなくし、ゲーム性を大幅に変更した感じです。平たく言うと手抜き版。PC-E版をプレイすると、あまりプレイする価値はないでしょう。

本作には難易度選択があります。迷わずeasyモードでプレイしたせいか、最終面とその前ぐらいまでは全く余裕で進めました。easyだけで他と比較するのもあれなのですが、シリーズの中では難易度は低めだと思います。ただしラス面だけはキツイです。

その他

ヴァリス3の攻略動画。一通りのビジュアルを見せつつ、道中も一部を省略しつつも見せてくれます。声優さんの解説、掛け声を交えつつ進んでいくので、なかなかに面白いです。3以外の動画もあれば完璧だったのですが。

ヴァリスビジュアル集。2から4のデモをいつでも見られるPC-E版ソフト。当時、こんなん売れるのかよと思ったものですけど、結構需要があったようです。そんなものに頼らず自分でプレイして見ろよこの軟弱プレイヤー共が! 当時そんなことを思ったものですけど、プレイしてみてその気持が分かりました。申し訳ございません。

サントラに関しては別記事を書きます。

まとめ

個人的な感覚としては、難易度は以下のような順番でしょうか。

4>3>1>4(SFC)>2>2(MD)

むずいとは聞いていましたけど、歳を取ったせいもあるのでしょうけど、やっぱり難しかったですね。このゲームはアクションゲーム目当てではなくビジュアル目当てで買う人が多かったと思いますので、尚更にそう感じる人が多かったのではないかと思います。

ただこのコンプリートは、当然どれもエミュ起動です。クィックセーブが使えますので、どんなに下手な人でも何とかなります。当時クリアできなかった人がプレイし、クリアの感動を味わうというのは悪くはないと思います。

私はと言うと、当時結局買いませんでした。あまり金もありませんでしたから。しかしビキニアーマーを着た半裸のヒロインに惹かれる部分があったのも確かで、いつかはプレイしたいと思いつつ今日に至ったというわけです。

面白いアクションゲームを求めている人が買うものではありませんけど、心の片隅にひっかかるものがあるようなら人なら、プレイもしやすいので買ってみるのはありではないでしょうか。


Related posts:

  1. ToHeart2 プレイ感想
  2. リムランナーズ プレイ感想
  3. AKIBA’S TRIP プレイ感想
  4. SUMMER STORY プレイ感想
  5. MissingBlue プレイ感想

コメント:2

餃子 2012/01/22

ヴァリスは当時友達の家で3をよくやっていました。

キャラセレクトがあまり意味ないと仰っていますが
サザーランド(氷の面)ではヴァルナで敵を凍らして進まないと
全然先に進めなかった気がします。

4は意外にもアクション部分も悪くなかったですね。
テレネット=クソゲーってイメージがあるのですが
どうしたことかと思ったです。でもストーリーは全然憶えていないです・・・。

admin 2012/01/23

餃子さん

>キャラセレクトがあまり意味ないと仰っていますが
>サザーランド(氷の面)ではヴァルナで敵を凍らして進まないと
>全然先に進めなかった気がします。
氷の魔法を使うのですけど、全キャラいけますね。ちなみに私はそこで全開で
はまりました。どうやってもジャンプが届かないし、まさか魔法を使うとは思わなかったので。
ラス面で、ヴァルナの上方向攻撃でないといけない箇所がありました。

3は悪くなかったですけど、4は普通に面白かったですね。あれ? とか
思ってしまいました。いや、いいことなんですが。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/playreview/game1560/trackback/
トラックバックの送信元リスト
夢幻戦士ヴァリスCOMPLETE PLUS プレイ感想 - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲームプレイレビュー > 夢幻戦士ヴァリスCOMPLETE PLUS プレイ感想

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る