HOME > ゲームプレイレビュー > ダンガンロンパ プレイ感想

ダンガンロンパ プレイ感想

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(PSP)のベスト版を購入。当然ですけどアレンジCD付きの限定BOXです。ちらほらと噂は聞いていて、ベスト版&CD付きの販売のタイミングで購入してみました。そのレビューとなります。ネタバレはありません。

限定版付属品については、こちらでレビューしています。>ダンガンロンパ 限定BOX付属品感想

私がスパイクのゲームをプレイするのは久しぶりですね。最後にプレイしたのは夕闇通り探検隊(PS)でしょうか。それぐらい昔になってしまいます。名作だったのでその内触れたいとは思うのですけど、そんな話はさておき。

簡単な概要。15人の生徒が学園内に閉じこめられる。閉じこめた黒幕が提示した条件、外へ出る方法はただ1つ。誰かを殺して、その犯人が自分だとばれないようにすること。黒幕の誘導によって次々と発生する殺人。唯一の脱出権利を賭けたコロシアイの狭間にて、主人公は生き残り、学園の秘密を暴き、黒幕を倒すことはできるのか?

ADVということだけ言っておいて、まずはシナリオ。はっきり言って面白いです。そして際だつのがむかつく展開。次々と殺し合う生徒達。黒幕はそれをあざ笑い、時にはオシオキと称して生徒を殺していく。そんな極限状態が続くかと思いきや、笑いも含ませ、緩急を付けながら、最終シナリオまで一気に行きます。

生徒の数はどんどん減っていきますので、当然推理パートの犯人当ても簡単になっていくわけです。という問題を、シナリオ展開でうまいこと処理していると思いました。

きちんとした推理ものではありますけど、色んな意味でトンデモ系でもあるので、うるさいことを言う人には向いていないでしょう。全ての登場キャラが「超高校級の○○」という呼び名を持っているので、そういう方向なのねとか思いながらプレイしていたら、その設定を微妙に生かしきれていない感じもしました。けど、はったりは効いていますね。

凄惨な面を含むので、プレイする人を選ぶのは間違いありません。私が知っているので言うと、SAWとかに近いかな。もちろんあそこまで酷くはないし、日本のゲームらしくしっかりと希望の持てる終わり方はしますので、そこは安心してもらって結構ですが。

生徒同士で殺し合い、犯人である生徒の嘘を暴いていく。黒幕は酷いことばっかりを言っている。繰り返しになりますけど、凄惨な内容です。が、黒幕はノラクマ(声は大山のぶ代)というクマ型ロボットを通して登場、個性的なキャラのテンポのいい掛け合い、ダンスミュージックっぽいノリノリなBGM。暗くなりすぎないように、うまいことバランスを取っています。このバランスが本当にうまいと思いました。

プレイ時間は30時間ぐらい。予想以上に長かったですけど、毎日プレイして、あっというまに終わらせてしまいました。見たことのあるCGやサウンド、動画等々をオプションで見るのに、ゲーム中で集められるコインが必要となります。再プレイをして集めることになるのですけど、全て解除しようとすると40時間ぐらいかかりそうです。これらの要素に関しては、正直言って苦行に近いですね。

さて、ゲームシステム。各章はおおまかに3つのパートに分かれています。日常、非日常、学級裁判で1つの章を構成しています。日常編で学校の中を探索、生徒同士で親交を深めます。殺人発生後は非日常編となり、現場検証、聞き込み等々。学級裁判編で誰が犯人なのかを当てることになります。体験版しかやったことがないのですけど、逆転裁判っぽいのは間違いないと思います。

日常編では各生徒との好感度を上げて、スキルをもらったりできます。スキルという概念は面白いのですけど、各キャラの固有シナリオはちょっとお粗末過ぎますね。固有シナリオとも言えなくて、ちょっとしたお喋り程度で終わってしまうのが非常に残念です。

やはりメインは学級裁判編で、ここにくると完全フルボイス。ダンガンロンパと言うだけあって、ガンシューティングっぽい作りになっています。証拠を弾丸で表し、各キャラの矛盾したセリフなどをぶっこわしていく感じです。最終的に、「以上の流れからお前が犯人だ」と指摘することになります。

ガンシューティングっぽいミニゲームが3種類あり、2つは微妙と言えば微妙な感じですけど、相手の矛盾を撃つノンストップ議論は面白いです。テンポもよく、それなりにテキストを読み、推理していないと何度も失敗するシステムに仕上がっています。本作品ではあまり複雑にしてはいませんけど、発展性がありそうな仕組みです。

ちなみに難易度を簡単にしていると、このシステムの良さを味わいきれないと思います。簡単にすることは全くお勧めできません。

重要そうなのでベスト版について触れます。ベスト版ではプレイしやすいように、色々な改善が入っているようです。移動のダッシュ、捜索対象を枠で表示する機能。これらは元々はスキルとして用意されていて、ベストでは通常機能となったようです。

はっきり言って、プレイにおいて必須機能です。が、ネタバレサイトを見てプレイしないと、取得できない可能性が高いです。セカンドプレイで取得しても全く意味がないので、そういう意味では正しい改善ですね。まあ「捜索対象を枠で表示する機能」だけは、スキルはありえないでしょうとは思いましたが。

まとめに入りますけど、8点でしょう。非常によく出来ています。推理ゲームとしてよく出来ていると思いますけど、それ以上に感心したのがバランスの良さでしょうか。サウンド、2.5Dグラフィックなどとあいまって、独特の魅力を醸し出しています。

続編の発売が決定しているようです。が、その事を知らずにプレイしたとしても、売れたら続編が出るのだろうな程度の想像はできてしまいます。なにせ全ての謎というか情報が明らかになっていません。個人的にはそういうのは好きになれないので、-1としています。

ベスト版では様々な改善されているようです。今から買うなら中古ではなくベストしかないでしょう。機会があればプレイしてもいいのではないでしょうか。


Related posts:

  1. シュタインズゲート プレイ感想
  2. 比翼恋理のだーりん プレイ感想
  3. シュタインズゲート8bit プレイ感想
  4. ギャラガレギオンズDX プレイ感想
  5. プロジェクトシルフィード プレイ感想

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/playreview/game1387/trackback/
トラックバックの送信元リスト
ダンガンロンパ プレイ感想 - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲームプレイレビュー > ダンガンロンパ プレイ感想

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る