HOME > ゲームプレイレビュー > シュタインズゲート8bit プレイ感想

シュタインズゲート8bit プレイ感想

PCのゲーム。本編CDとは別にゲームミュージックCD付き。53トラック78分と結構長い。54曲でないのは、時間の都合で曲を削ったからでしょうか?

もう少し時間かかるのかと思ったら、速攻で終了しました。ネットで情報を拾ってやるもんではないですね。思いの外早く終わってしまったので、もう少しプレイするつもりです。

Google先生で検索かけたり、2ch見たりしない方がいいよという警告も含めてレビューとなります。答えなしでプレイしないと、何のために買ったのかよく分らないゲームです。本記事には(ほぼ)ネタバレはありません。

コマンド選択式ではなく、コマンド入力型のADVです。一昔前はこんなんだったらしいですけど、私は未体験ゾーンとなります。その辺の興味もあって購入しました。talkと打てば会話になるし、downとすれば降りる、と言った感じです。その場に適したコマンドを想像し、入力するのが本ゲームの肝となります。

グラフィックはライン&ペイントとやらで、線を引いてからタイル塗りする感じでしょうか。真面目にその過程を見ていると、とんでもなく時間がかかります。もちろんスキップも可能です。描画に関する歴史は次のサイトで、えらく詳しく書いてありますね。>ある意味「ネ申!!!」──MAGES.「シュタインズ・ゲート 8bit」の世界線を探ってみる

曲はFM音源版、PSG版など幾つかのパターンが用意されています。選ぶハードによって流れる曲が異なり、そのハードの制約(同時再生音数等)の影響を受けた作りとなっているようです。

一言でまとめると古くさいゲーム(PC88中期頃)を、忠実に再現したということになるのでしょうか。それは見れば分る話で、完全に承知した上での購入です。本ゲームというかタイトルは、新しめの世代に騒がれているところがありますけど、我関せずと言わんばかりに妙なものを作ってきた姿勢は、個人的にはGoodです。

狙っている層は基本的には30代以降なのでしょうけど、古きを知り新しきを知るという言葉もあります。ここまで来ると逆に新しいですし、少なくとも私にとって目新しいです。狙いとしては、いいところをついているのではないでしょうか。

で、私はシステム、グラフィックや音楽と言った点については、全く納得の上で買っているわけです。そこには不満はありません。いや、不満がないと言ったら嘘になるというか、コマンド入力で終始むかつきましたけど、それはおいておくとして。

プレイ時間は5時間前後です。ちょっと短いでしょう。確かにネットで調べましたけどね。前半、30分ほどつまった2箇所、これをネットで調べてしまったぐらいです。回すとか取るとか分るか、こんなん! 全力で発狂しましたけど、とは言ってもそれぐらいです。

当時のゲームのボリュームは大体こんな程度という意見もあり、それが本当なら当時を忠実に再現したことになるのかもしれません。が、そこは見習うべきところではないでしょう。

ある段階を越えると、プレイの感覚が掴めてくるわけです。まずデフォルトで入力するコマンドの幅が広がります。そして最初は常識の範囲で入力を考えてしまうけど、途中で気づくわけです。何でもありの世界だから、もっとありえなさそうなのでも入れる必要があるのだ、と。黒服を越えたら、ラストの入力までは大きくつまることはありませんでした。

私は慣れてきたところで終了となってしまい、なんかすっきりしませんね。シナリオはこれの倍は欲しかったところです。

ヒロインは完全にクリス寄りです。というか、それ以外がありません。オリジナルの真ED後の世界線ですので自然かもしれませんけど、その他キャラが好きな方にはキツイかもしれません。私はクリス押しの人間なので、特に問題はないのですけど。ちなみに彼女、微妙にデレ気味です。

コマンド入力ですけど、本気でむかつきます。ただこれが昔のADVの面白さだったのでしょう。シナリオを楽しむというより、正解のコマンドを当てる楽しさ。最初の壁を乗り越えたら、あとはそれなりの難易度として捉えて楽しめました。が、敷居は高そうです。

音楽ですけど、既存の曲をいわゆるピコピコ音でアレンジしたものとなっています。この類の音を普段から違和感なく聴いている人間なので、素直に楽しめました。いや、FM音源とかPSGというのは、いい音色だと思うんですけどね。これだけで構成されていると寂しい感じはしますけど、良い音なのは間違いありません。サウンドに関しては、CDも含めて十分に楽しめました。

総評としては7点でしょうか。シナリオの量だけは何とかしてほしかったです。古い風ゲームだから、短い内容でOKというものでもないでしょう。トンデモ展開に関しては理屈をつけられていたので、ぎりぎり許容範囲でしょうか。

基本、スタッフが好き放題にやったタイトルという印象です。それなりにもてはやされているタイトルで、思い切った事をやってます。この勢いで、正統系でも凄いものを出してもらいたいものです。あまりこんなんばっかりだと、シナリオ云々なユーザはあっさり離れそうな気がします。


Related posts:

  1. シュタインズゲート プレイ感想
  2. ToHeart2 プレイ感想
  3. 比翼恋理のだーりん プレイ感想
  4. AKIBA’S TRIP プレイ感想
  5. ギャラガレギオンズDX プレイ感想

コメント:4

餃子 2011/11/01

さっそくクリア、さすがですね!

自分も何だかんだで購入しました。
コマンドタイプのAVGは過去に体験済みですが、まだ序盤で詰まってます・・・汗
攻略見ると速攻終わるので分からないところをみんなで聞きながら
遊ぶのがいいって、5bpの社長のustreamで聞いたので
なるべく自力で解きたいんですが、こりゃ限界だって思ったら攻略見ています(;´ρ`)

turn upaとか、わかんねーよみたいな(^_^;)
あとコマンドの入力幅をもっと広げてほしかったです。
たとえばクリスを呼ぶのは分かってるんだけど、call cliceとか受け付けなくて
単純にjosyuでOKだったときは、なんだこりゃー!って思いました(笑)。

とりあえずじっくり遊んでみたいと思います。

admin 2011/11/01

餃子さん

おお、結局買いましたか。やはりメディオあたりでしょうか。

攻略見るといかんですよね。私が再プレイしたら、15分かからないで終わりそうな気がします。
個人差はあるかと思いますけど、限界の限界までは我慢したほうがいいかと思います。
まあその気になると、すぐに答えを知れるのが、昔と今の大きな違いなのでしょうね。

>あとコマンドの入力幅をもっと広げてほしかったです。

それは私も思いました。phoneとかcallとか名前違いとか試しました。いけそうで
いけないので、あれって思うんですよね。結構色んなコマンドを見ているようなので、
その辺は想定のレベル。許容して欲しかったところですね。

upaに関しては色々やったんですけどね。根本的に間違っているのかと思い、
ロッカーの方に行ったりと。あとで、そりゃねぇだろと思いました。

序盤を越えると、あとは結構いけると思います。頑張ってください。

random walk 2011/11/01

僕が始めてやったADVが友達に借りた、サラダ国のトマト姫でした。これが、所謂コマンド入力式で、しかもコマンドが英語でした(当時はこれが普通でした)。当時なんの情報もなく、まだガキだったのでコマンドが思いつかずあっという間に投げ出した記憶があります。僕にとって、コマンド入力式はいい思い出ではなくトラウマですね。今やれば、多分出来るだろうけどやりたいとは思えないですね。僕は断然、選択式の方が好きです。とは言うものの、この作品自体は気になっていました。なんか、コマンド入力式もゲームキャラと自由に会話できるぐらい進化したらやってみてもいいかもしれないと思う今日この頃ですが、多分当分無理でしょうね。

admin 2011/11/03

random walkさん

子供にコマンド入力式はちょっと無理ですよね。私も100%投げ出すでしょう。

サラダ国のトマト姫はクリアしたのですけど、そんなに難しくなかったよという話をすると
話がかみ合わないことがあります。私はFC版をやっていて、そちらはコマンド選択方式。
入力と選択では全然違いますからね。

選択の方が腰を据えてシナリオを楽しめますし、多くの人がそれを望んだということ
なのでしょうね。入力式がなくなったのは、自然の流れだと思います。

自由に会話というと、10年後ぐらいは実現していそうですね。ひょっとすると
5年後ぐらいにはいけているかもしれません。真面目に会話しないとクリアできない
ギャルゲーとか、それはそれでちょっとプレイしにくそうですが。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/playreview/game1196/trackback/
トラックバックの送信元リスト
シュタインズゲート8bit プレイ感想 - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲームプレイレビュー > シュタインズゲート8bit プレイ感想

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る