HOME > ゲームプレイレビュー > ToHeart2 プレイ感想

ToHeart2 プレイ感想

そろそろ3も出そうな雰囲気を感じるので、思い出しながら感想を。

2005年初頭にDX版購入。2と一緒にPS版初代とCDがついてきました。ソフマップ店舗特典は抱き枕カバー。さすがにこれは未だに使っておりません。なんとなく残している、正に呪いのアイテムそのものです。

プレイ時間
2が30時間と言ったところ。2に関しては分岐で悩むところが全くないので、無駄な時間は一切ありません。

ちなみに初代は20時間ちょっとかかりました。PC版はプレイ済みだったのに、またプレイしなおしてしまいました。

システム
場所選択型ADV。システム面について特に語ることはないジャンルです。が、本タイトルに関しては初代と比較して、むしろ微妙に退化している気がするぐらい。萌えシナリオを読ませることに特化し、他は全部捨ててしまった印象を受けました。

シナリオ
初代が出てから、約7年の間を空けての新作です。過剰に期待しすぎた部分はあるけど、無難に正常進化したと言えるのではないでしょうか。

それにしても変なヒロインが多い。1の時も似たようなことを思ったけど、本タイトルは輪をかけて変なのが多いです。2をプレイしてから1をプレイしたら、皆普通過ぎるヒロインに見えてしまいました。

また7年も経つと、3が出るのでしょう。その頃は異次元ヒロインについていけない年頃かもしれません。できれば2年ぐらいで3を出して欲しいところです。

シナリオはヒロイン毎に完全に独立しています。構成も凝ったことは全くやっていません。完全に分担して作っているのでしょう。一本道シナリオなのだから、ちょっとは絡めてもよさそうですけどね。

BGM
OPは素晴らしい。しかしそれ以外は平均と言ったところでしょうか。というか、大作の割には手を抜き気味な感じです。

総合評価
全体で見ると6点。萌えシナリオのみで見れば9点。待たせた割には、普通なゲームでした。これに関しては、私が過剰な期待をしたせいもあるのでしょう。

無難安心して萌えに専念できる、ヒロインの個性を前面に出したシンプルなシナリオは素晴らしい、と評価するべきなのでしょう。個性的過ぎるヒロインばかりなので、プレイする人を選ぶのは間違いありませんが。

後日談
ギャルゲのヒロインには、変なのが多いです。仮に現実世界にいたら絶対ぶん殴るわ、というのがゴロゴロ転がっています。しかも年々パワーアップしている。3は一体どうなることやら。

ついてけなくなった時が引退でしょうか。


Related posts:

  1. D→A WHITE プレイ感想
  2. シュタインズゲート プレイ感想
  3. MissingBlue プレイ感想
  4. リムランナーズ プレイ感想
  5. AKIBA’S TRIP プレイ感想

コメント:2

random walk 2011/09/22

ToHeart2はPS3版が発売になったら(明日ですね)、やろうと思っています。ちょっと気がかりなのは、アニメ版を見たときの印象があんまりよくないというか、おっしゃるっとりキャラが(変な方向に)変わりすぎているというので、ついていけないキャラが何名かいらっしゃいました(双子の姉妹とか、名前忘れた)。ゲームは大丈夫と信じたいけど、地雷かもしれませんね。

admin 2011/09/23

random walkさん

そういえば完全版みたいなのが9月発売でしたね。すっかり忘れていました。
限定版にはサントラなどついているようですけど、私は一通りプレイしてしまったので、購入は見送りです。
未プレイなら買って損はないかと思います。

外れということはない気がします。ギャルゲーとして無難に面白いと思います。
個性は強いなと思いましたけど、最近の風潮はもっと凄いことになっていますし。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/playreview/game1054/trackback/
トラックバックの送信元リスト
ToHeart2 プレイ感想 - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > ゲームプレイレビュー > ToHeart2 プレイ感想

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る