HOME > イベント > 第15回文化庁メ芸術祭ディアに寄ったわけだが

第15回文化庁メ芸術祭ディアに寄ったわけだが

文化庁メ芸術祭ディアに行ってきました。大して語れることはなく、そもそも家に帰ってから、結構見てないものがあったと気づく程度のレベルです。終わりも近いので、注意喚起も含めて軽くレビューを。

芸術って言っても、ゲームと関係ないのでは? 関連性は薄れてきた気がしますけど、立派に関係のあるイベントです。日本(それ以外の国も含む)の誇れるサブカル全般を扱うイベントみたいものです。

知人にこの芸術祭が好きな方がいまして、彼のレビューを見ると、そんな時期になったかと思い出すわけです。別の用事のついでに、六本木と乃木坂の間にある国立新美術館に寄りました。>公式サイト

今年は色んな箇所でイベントを行っていました。メインは美術館ですけど、その他の箇所で映像を流していたようです。

思い返すと、私がこの催しに初めて参加したのは、恵比寿ガーデンプレイスでファミコンのうん十周年記念特集が開催された時と記憶しています。その頃に比べると、相当に規模が大きくなりました。最近は六本木全域で盛り上げるような勢いになってきました。

イベントの内容が充実したのかと言われると、去年と比較してインパクトに欠けた印象です。イラスト(漫画含む)、映像(アニメ含む)がメインで、リアルなオブジェクトそのもので圧倒するものが減ったように感じました。映像系は面白いのですけど、わけのわからんオブジェクトの方が、よりインパクトがありますからね。

そうは言っても、普通に面白いと思います。国を挙げて日本のサブカルを盛り上げよう的な、国策の側面もあるせいか、無料で楽しめます。一度ぐらいは参加してみてもいいのではないでしょうか。

個人的に面白いと思ったのは、綿っぽいタッチディスプレイ、エンターテインメント大賞を取ったモバイルなギャラクシーを風船につけて30k上空まで上げてtwitter&動画撮影な企画出展でしょうか。ギャラクシーに関しては日本のメーカーでやってほしかったところですけど、お金の出所もそこなんでしょうからね。寂しい限りです。

世の中的にはアニメーション部門のまどマギが一番の注目、と言ったところでしょうか。結構なスペースを割り当てられていました。

開催期間は2/22から3/4です。ゲームショー以上には長いですけど、地味なせいか気づくと終わってしまうイベントです。その気があるのなら、今週末に行ってみましょう。休日は結構混んでいますので、ベストは平日らしいです。が、これがなかなかに難しい。

余談
帰り際にミッドタウンに寄り、小一時間ほど賞を取った漫画を読んできました。が、漫画部門大賞の「土星マンション」は読めず。

非常に快適な環境で読めるのは嬉しいのですけど、かなり勿体ない、且つ無駄なスペースではあります。


Related posts:

  1. アスラズラース プレイ感想
  2. ゲームミュージックが最大50%OFF
  3. ケイブからの大事なお知らせ2011
  4. PRESS START 2011
  5. 4star オーケストラに軽く行ってみた

コメント:2

餃子 2012/02/29

おおーいきましたかー。
今年は去年よりパンチがある作品が減って地味な印象がありましたね。
ギャラクシーのイベントが大きく取り上げられているのは
なんか同時に日本の元気のなさを象徴しちゃっているようで残念です。

ミッドタウンでのスペース小さくなっちゃいましたけど
なんかみんな高級な漫画喫茶って言ってますね(笑)。

admin 2012/02/29

餃子さん
>ギャラクシーのイベントが大きく取り上げられているのは
>なんか同時に日本の元気のなさを象徴しちゃっているようで残念です。

素晴らしい企画だとは思うのですけど、寂しさを感じてしまいますよね。

タコにカメラをつけて空撮するとかありますけど、ああいうのを見ると
やってみたくなりました。やっぱり空はいいですね。

>ミッドタウンでのスペース小さくなっちゃいましたけど
>なんかみんな高級な漫画喫茶って言ってますね(笑)。

漫画だけになってしまいましたよね。それはそうと、飲み物があれば
もっとよかったのにとかマジに思ってしまいました。正に漫画喫茶状態。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/event/game1616/trackback/
トラックバックの送信元リスト
第15回文化庁メ芸術祭ディアに寄ったわけだが - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > イベント > 第15回文化庁メ芸術祭ディアに寄ったわけだが

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る