HOME > コラム > 商魂たくましい乙女ゲー

商魂たくましい乙女ゲー

例によって中野のメイドバーに行ったわけです。99%知人の付き添いですけど、決してそういうのが嫌いというわけでもありません。

基本は知人との会話ですけど、ちょろちょろとメイドさんとコミュニケーションを取る。そういう店です。そんな中、出てきたのが「うたのプ○ン○さま」というタイトル。基本、伏せない主義ですけど、今回ばかりは伏せておきます。このページが検索にひっかかるのはどうかと思うので。

本タイトルはいわゆる乙女ゲーで、女性一人に対して男性多数のようです。詳しく調べたわけではありませんけど、ギャルゲーの逆版みたいなものでしょう。

現在ではアニメで放映中とのこと。話の流れからすると、結構な人気タイトルなのでしょう。彼女曰く、苦労してCD等を集めているようなことを言っていました。

で、一番驚いたのが次の一言。

「同じCDを3枚も買うのは大変ですよ」

最初は何を言っているのか分かりませんでした。全巻購入(1260円 x 7枚)すると貰える特典CDが、店舗によって違うとのこと。ゲーマーズ、アニメイト、とらのあなで違い、各店舗で同じものを買っているそうで。これを聞いて、なんつーあこ、じゃなくて巧い商売だろうかと思ったのは言うまでもありません。

男性向けのゲーム、いわゆるギャルゲーも凄いのがたまにあります。女性向けも、似たような状況なのかもしれません。最初は微妙に話がかみ合わなかったのですけど、そこは女性向けと男性向けとの違いと解釈です。

初回限定版やら特典等にプレミアがつくこともあるそうで、話を聞いている感じだと男性向けよりエスカレートしている雰囲気はありました。この辺の情報というのは、全く見たことがなかったのですけど、かなり壮絶なバトルが繰り広げられているのかもしれません。

正直言って当該ジャンルには全く興味がわかないのですけど、そこに関わっている人には興味津々です。男性向けと変わらない、いやあるいはそれ以上の世界があるのかと思うと、唸らずにはいられません。

方向性は微妙に異なるのでしょうけど、どのジャンルにも熱心な方々がいるのでしょうね。趣味の世界は奥が深い。


Related posts:

  1. ゲームミュージックブログ開始
  2. CDの帯と価値観の相違
  3. CDの帯の価値
  4. ゲーセンの麻雀料金と真剣勝負と
  5. 高音質リソースと退屈の関係

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/column/game912/trackback/
トラックバックの送信元リスト
商魂たくましい乙女ゲー - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > コラム > 商魂たくましい乙女ゲー

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る