HOME > コラム > iPhone版デススマイルズが安かった件

iPhone版デススマイルズが安かった件

CAVEから発売されたシューティング、iPhone版デススマイルズ。知人にちょろっと触らせてもらいました。一言で感想を言うなら、よくできていると思います。しかし、絵を変える必然性は薄いのと、音楽も変えているそうなので、またアレンジCDを出すのかと呆れもしましたけど。相変わらずゲームミュージックコレクター泣かせのことをやってくれます。

さて、CAVEはエスプガルーダなどのシューティングもiPhone版で出しています。どのタイトルもリリース直後の数日間は、1000円のところを600円で販売しています。

パッケージ販売で考えると、値下げするのは発売してしばらくしてからでしょう。値引きするのは、売れなくなってからのてこ入れです。ゲームに限らず、売れなくなってから安く販売するのが一般的ではないでしょうか。

発売直後に値下げするCAVEは、なんて太っ腹なんでしょうか。

もっとも私は、そういう見方をしません。さて、どういう理由で値下げしているのでしょうか? 以下、半分妄想です、という逃げを入れつつ、分析しています。

「開発コストを早急に回収したい」。この一点につきるでしょう。値下げしてでも、早い時期にたくさん売りたい。そのために4割も値引きをするのですから、その経営判断は凄いと思います。値引いた分以上のダウンロード数が必要となりますからね。

もう1つ挙げるとするなら、値引きという名の宣伝効果もあるのでしょう。インパクトのある記事として、取り上げてもらいやすいです。

短期的に安く売るということは、それ以外の期間は売れにくくなります。欲しい人は早急に買うでしょう。たまに安くなることを知っている人は、安くなるのを待つかもしれません。

ダウンロード販売の場合、長く売ることが可能です。その気になれば10年だって売れるでしょう。長い目で見るのなら、値引きせずに同じ値段で売った方が特になる可能性が高いです。それでも値引きして、コスト回収を急ぐわけです。

まあ当然の話ではありますけど、10年間で10万本売れるソフト、一ヶ月で1万本売れて、以降は全く売れないソフト。どちらが会社として大事かというと、1万本の方となります。そもそも10年売れる保証はありませんし、資金を回さないといけません。会社が存続しているか否かも不明です。

そしてもう1つ大事なこと。本タイトルが外注かどうかは知りませんけど、関わった人間の評価は、発売直後の売り上げで決まるということです。

仮に社内で作ったとしましょう。初月は全くダウンロードされなくて、社内では散々の評価。それが1年後にシューティングゲームサイド辺りで取り上げられて、10万件もダウンロードされたとしましょう。この場合、担当者は既に会社を辞めているかもしれませんし、いたとしても給料の査定などには大した影響はないでしょう。よかったねの一言で終了です。

継続課金、ダウンロード販売が主体になると評価の方法も違ってくるかとは思いますが、パッケージソフト主体の会社では短期間の数字が重視されるかと思います。

ただ今後、パッケージ販売は下火になっていくことでしょう。それに合わせて売り方、開発者の評価の仕方などを変えていく必要があります。

CAVEの発売直後に値引き商法を見ると、色々と工夫をしているのだろうなとは思います。多分、うまくいっているのでしょうね。

私個人としては、iPhone等の携帯でシューティングをやろうとは全く思わないのですけど、それはそれとして頑張って欲しいところです。


Related posts:

  1. ゲームミュージックブログ開始
  2. 星霜鋼機ストラニア
  3. ゲームは一本二百時間
  4. CDの帯と価値観の相違
  5. CDの帯の価値

コメント:2

random walk 2011/07/14

iphone版のデススマですが、配信日にDLしました。CAVEの他の作品は配信日にiPod touchを持っていなかったため後でフルプライスで買いました。正直、ゲームの出来を考えると¥1000でも安いくらいだと思いますが、iPhoneの他のアプリと比較すると高めに映るかもしれません。¥600での販売の件ですが、どう考えても買いたいと思っている特定の層(自分も含めて)に早く売って開発費を回収したいように思えます。STG自体、購入層が限定されているように思うので細く長く売れる商品とは思えないですね。やはり、初動が大事なジャンルなのではないでしょうか。実は、¥600で採算が取れるラインなのかもしれません。

admin 2011/07/15

random walkさん

よくできていますよね。1000円は他のものに比べて高いとは思いますけど、
その価値はありますよね、やっぱり。

採算ラインですけど、どんなに少なく見積もっても三人月はかかっていると思うのですよね。
appleが売り上げの3割をもっていきますので、1本420円。仮に5000dlされたとしても
即payというわけにはいかない気もします。

日本以外で売れているんですかね? その辺、興味あります。どうなんでしょうかね。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/column/game672/trackback/
トラックバックの送信元リスト
iPhone版デススマイルズが安かった件 - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > コラム > iPhone版デススマイルズが安かった件

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る