HOME > コラム > ドリランドで一攫千金も可能だったらしい

ドリランドで一攫千金も可能だったらしい

2月の中頃の話になりますけど、日経にも載っていたぐらいのネタです。ドリランド(その他でもあったらしい?)でカードの複製が可能だったとのこと。しばらくは一部機能が停止される騒ぎになったそうです。

具体的に流れを言うと、レアカードを複製し、それをヤフオクなどで販売し、落札者にトレードという形で渡していたとのこと。通常なら渡した時点で手元から消えるわけですけど、複製可能なのでいくらでもばらまけます。

オークションで荒稼ぎしていたトップクラスになると、トータルで3000万以上稼いでいたとのこと。1枚10万とかで売れていたようです。そのレベルになると、さすがに羨まし過ぎです。昨年の8月ぐらいから行われていたそうですけど、発覚があと半年遅かったら億越えも夢ではなかったでしょう。アーリーリタイア、なんて甘美なる言葉の響き。

以下みたいな感じで複製できたそうです。

必要なもの 携帯もしくはPCを二台 gleeアカウント二つ
二台の機器でそれぞれのgleeアカウントでログインしてドリランド起動後お互いでトレードさせる
トレード(受け取りはしない)が終わったら片方の機器はログアウトして二つの機器のアカウントを同じにする
それぞれトレード品受け取り画面にして受け取るボタン同時押し

プログラマーの立場から言わせて貰うなら、非常にそれっぽい感じの手順ではあります。自分がデバッグをするのなら、そういうところから攻めるでしょう。

ゲームの内容を詳しく知っているわけではないのですけど、ルールは至極単純。強いカードが全て、と言ってもいいぐらいの内容だったようです。故にカードの強さこそが全てであり、そのカードを得るためのガチャ(1回300円)と呼ばれる仕組みがにぎわっていたわけです。凄いのになると、レアを全部揃えるのが条件だそうで。

そんなものに金を払ってと呆れる方もいるかとは思いますけど、それこそがビジネスモデルなわけです。実際本気でやっている人がいるのも事実、価値観は人それぞれです。が、今回の件というのは本気でやっている人が損しているという解釈になりかねないし、実際にそう受取る人もいることでしょう。課金ビジネスとしては、一番あってはいけないことです。

とは言っても、プログラマーだから分りますけど、どこかしらにバグはあるものです。軽度重度問わずに不具合はあります。複製できるバグがあったのは仕方がない。経営者からするとふざけるなと言ったところでしょうけど、プログラマーである私は思わずにはいられません。

全然別の話になりますけど、美談になった探査機のはやぶさ。様々なトラブルを乗り越え、地球に戻ってきました。運がよかったのと、後からリカバリーできているので美談になっていますけど、もろにバグがあったのも確かです。想定外という扱いなのかもしれませんけど、あれぐらいの規模、多くの人間のチェックが入っているであろうものでも問題があるものです。

ドリランドの件で問題なのは、バグうんぬんではなく、異常を検知できなかったことでしょう。スーパーレアクラスになると、所持している人というのは非常に限られてきます。発行した枚数と実際に出回っている枚数の差異は非常に検知しやすい筈です。売り上げを計算する為にガチャの回数ぐらいは記録しているでしょうけど、発行したカードの内容までは記録していなかったのでしょうか? 課金&ゲームバランス&運用方針に関するところなので、発行カードの記録&分析は絶対に必要な工程ですけど、細かくチェックする気はなかったのでしょう。

話を聞いている感じだと、今回の騒ぎで一部プレイヤーの不正と思われるカードの取り消しをしているようですけど、正常なプレイヤーのデータも消したりと、かなり適当な雰囲気のようです。全くログを残していないようなので、ほとんどフィーリングでやっているのでしょう。

最終的にはユーザの通報で運営側も気づいたようです。一番の問題は、半年間、自力で問題に気づけなかったことでしょう。

とりあえず私からただ一つ言えることがあるとするなら、Greeは新卒に年収1500万払う余裕があるのなら、この私を年収2000万で雇ってくれよと言ったところでしょうか。

いやはや。


Related posts:

  1. コミケ80でぶらぶら
  2. 当ブログのアクセス数TOP10記事を分析してみる
  3. 部屋のスペースは限られているのです
  4. CCCDを思い出す
  5. 物の存在価値

コメント:8

餃子 2012/03/05

なんというか・・・凄まじい話ですな。
もはやこの店で宝くじの一等が出たみたいな過ぎた話ですが
ここ数年、一攫千金を狙ったビジネスって個人でも法人でも
既存の価値観からかなり掛け離れたところにあるような気がします。

思えばホリエモンとかもそうですが、法律や既存ビジネスの裏をかいで
お金を稼いだ策士とでもいいましょうか。

最近、外注のプログラム会社の方とやり取りが多いのですが
一般人では、これは変だろ? という点もプログラムや仕様のロジック上、
仕方ないとかあるようで、その辺の線引きとイタチごっこが何か勉強になってます。

と、何を言いたいのか分かりづらくなってしまったのですが
何事も成功やチャンスのキッカケって面白いor以外なところにあるんだろうなぁ、みたいな。
学歴やキャリア、育った環境や年収というより、様々な仕組みの裏を察知する
洞察力というか運というか・・・。

admin 2012/03/06

餃子さん

>一般人では、これは変だろ? という点もプログラムや仕様のロジック上、
>仕方ないとかあるようで、その辺の線引きとイタチごっこが何か勉強になってます。

この点に関しては、実際に無理なものもあり、コスト的に無理なものもあり、面倒だから無理という
ものもありと、色々と区別はあるのでしょうけど、お互いに譲歩しあいつつも、良い物に仕上げられると
いいですよね。

>何事も成功やチャンスのキッカケって面白いor以外なところにあるんだろうなぁ、みたいな。
>学歴やキャリア、育った環境や年収というより、様々な仕組みの裏を察知する
>洞察力というか運というか・・・。

起業とかは本当にそういうものですよね。独創性、もしくは何の遠慮もなくグレーゾーンに
つっこむような覚悟が必要な気はします。
ネットベースで低コストで色々とチャレンジしやすい環境が整っているので、私らもその気になれば
チャンスはいくらでもあるのでしょう。うーむ。

餃子 2012/03/06

あ!そうそう。話の流れから思い出しました。

このブログ面白かったです。
ハドソンが消滅した日、スターソルジャーとか作ってた中本さんって
今なにしてるのかなー?ってググったら出てきました。

小さなメーカーになりませんか?」元ハドソン・中本伸一氏の講義が面白かった件
http://d.hatena.ne.jp/yuupon/20090823/1251037004

餃子 2012/03/06

たびたび連続失礼します!

ふと思ったんですけど、もし事前にこのバグに気づいても
やってはいけない犯罪行為では・・・みたいな自制心があって
自分だったらネットオークションで儲けるって行動まで走れない気がしました(^_^;)

そこを突き進んで実際に儲けた人が居たのも事実なわけで、
その辺がまた凄いなーとか思ったりも・・・。

admin 2012/03/07

餃子さん

>小さなメーカーになりませんか?」元ハドソン・中本伸一氏の講義が面白かった件

読ませていただきました。なかなか面白いですね。様々な苦労の末の結果なのだと
思いますけど、今現在、さっくり起業するのであれば、相当に小回りがきき、
維持費をかけないスタンスにもっていくしかないでしょうね。
ネットはその辺を可能する便利なツールだと思います。

北海道ということですが、b2bだとキツイ部分があるとは思いますけど、b2cであれば
あまり関係なさそうですかね。

まあ私も仕事関連でブログをやっていた方がいいのかも。

>ふと思ったんですけど、もし事前にこのバグに気づいても
>やってはいけない犯罪行為では・・・みたいな自制心があって
>自分だったらネットオークションで儲けるって行動まで走れない気がしました(^_^;)

確かにそうですね。ただバグですからね。通信のパケットいじってどうとかだと
訴えられる可能性が十分にありますけど、これだと問題ないでしょうね。

という理屈ではなく、なんとなく悪いと思ってしまうのが普通の人でしょうね。
しかしこの錬金術は、一度始めるとやめられなさそうです。

餃子 2012/03/07

>確かにそうですね。ただバグですからね。通信のパケットいじってどうとかだと
>訴えられる可能性が十分にありますけど、これだと問題ないでしょうね。
>という理屈ではなく、なんとなく悪いと思ってしまうのが普通の人でしょうね。

これで思ったのですが、よく仕様だから何でもOKって人ほど
格ゲーの対戦でハメ技(勝てればOK)とか、ネットゲーでフェアじゃないプレイや
PK(最近聞かなくなったプレイヤーキラー)とかを平然とするような気がします(笑)。

あと日記の内容と話が逸れますが、ハドソンつながりということで
先ほどTwitterでPCエンジン版イースⅠ・Ⅱの制作秘話の電子書籍を発見しました!
当時ファルコムゲーやPCエンジンを遊んでいた人にとっては
目を見張る内容だと思うので、ぜひWmmさんに紹介したいです。
立ち読み版しか読んでませんが、90ページでiPhoneでも読めるそうです。
電車の中とかでの暇つぶしにどうぞ!ていうか暇つぶしどころかのめり込んじゃう内容です。
http://www.highriskrevolution.com/gamelife/index.php?e=193
[立ち読みPDF直リンクは下]
http://www.highriskrevolution.com/pdf/gamelife01-sample.pdf

餃子 2012/03/08

うう、またコメントが消えている・・・

とりあえずコレ立ち読み版しか読んでませんが超オススメです。
http://www.highriskrevolution.com/gamelife/index.php?e=193

admin 2012/03/08

餃子さん

デフォルトの設定だとURLが2つあると、承認待ちモードになってしまうのです。
消えてはいません。ちょっと暇なときに設定をいじってみます。

>これで思ったのですが、よく仕様だから何でもOKって人ほど
>格ゲーの対戦でハメ技(勝てればOK)とか、ネットゲーでフェアじゃないプレイや
>PK(最近聞かなくなったプレイヤーキラー)とかを平然とするような気がします(笑)。

ルール上OKだからと遠慮なくやる人がいるし、それが嫌だという人もいるしで、
なかなか難しい問題ですよね。
現状、ルール(仕様)で厳しくする方向なんでしょうかね。厳しくしすぎると
幅が狭くなってつまらなくなることもあるのでしょうけど。

>先ほどTwitterでPCエンジン版イースⅠ・Ⅱの制作秘話の電子書籍を発見しました!

さわりしか読んでいませんけど、なかなかに面白そうです。ありがとうございます。
暇を見つけて読んでみます。しかし大容量とはいえ、やっぱり苦労していたんですなぁ。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/column/game1648/trackback/
トラックバックの送信元リスト
ドリランドで一攫千金も可能だったらしい - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > コラム > ドリランドで一攫千金も可能だったらしい

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る