HOME > コラム > 積みCD

積みCD

積みゲームはよく聞きますけど、積みCD。私の場合、ゲームもそうですけど、CDも本当によくたまっています。全く未試聴なのが軽く30以上はあるでしょう。BOXも1として数えているので、枚数にすると100を超えるのではないでしょうか。先日買った東亜プランシューティングBOXですけど、全く聴いていません。先行発売で買った意味がなさすぎです。

要するに、ゲームミュージックコレクターです。対戦できるトレーディングカードで、対戦せずにカードばかり集めているのと似たようなものでしょう。当ブログ的には「ゲームミュージックコレクターから脱却」を歌っているので、改善したいところです。

しかし一旦たまると、「もうどうにでもなーれ」モードに入ってしまうので、積まれる速度が加速するという悪循環。それを断ち切るために当ブログを立ち上げたのですけど、今のところは更に悪化しているように思えます。

この手の話をすると、必ず言われます。CDぐらい聴けよ、と。全くその通りで反論する気にもならないのですけど、聴くことでなく買うことが目的になっている人間には、なかなか難しいところがあります。

私の場合、ゲームが大好きで、時々その付属品のCDを買っていたこと。オーディオにどハマリして、そのソースをゲームミュージックに求めたこと。ふと気づいたらそれなりの数になっていたので、コレクションを意識しだしたという経緯があります。当然、聴くというのが一番の目的ではあったのですけど、コレクションを意識してしまうと手段が目的に変わってしまうのかもしれません。

更にぶっちゃけつつ付け加えると、他に欲しいものがあるわけでもなし、気楽な独身生活を過ごしていますと、意識して使わないとお金が余って仕方がないという側面もあります。毎月給料全部使うのはどうかと思いますけど、全く使わないのも何のために仕事をしているのか分からなくなります。コレクション=お金を使う=精神安定剤な意味合いがあるのは間違いありません。

もっともCDを買うなんてのは、金銭面では全く大したことありません。映像、バイク、自動車に比べたら、ないに等しい出費です。ゲームミュージックコレクターというのは、生産的ではありませんけど、余裕を持ってやれる趣味ではないでしょうか。

しかしこのコレクションという趣味。服で見た目をコーディネイトするように、グッズ等の小物でキャラをコーディネイトしている気がしないでもありません。アバターで言うところの小物アイテム、でもなく背景画像ぐらいかもしれません。こう考えると、しょうもない話な気がしないでもありません。

が、そこまで言っておきながら性懲りもなく、働き蟻が巣に餌を持ち込むかの如く、今日もせっせと集め続けるのです。こつこつ、こつこつ、と。


Related posts:

  1. CDの帯の価値
  2. 未プレイでゲームミュージックを語る事
  3. うる星やつら 映画BGM集2
  4. 今週のゲームミュージックニュース 2011/09/17
  5. ゲームミュージックブログ開始

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/column/game1241/trackback/
トラックバックの送信元リスト
積みCD - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > コラム > 積みCD

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る