HOME > コラム > ゲームは一本二百時間

ゲームは一本二百時間

「最近エルシャダイやったんだけさ、7時間ぐらいで終わったよ」
「へえ、それぐらいで終わるなら楽でいいね。でもスクエニにしては短いね」
「まあね。さっくり終わって良かったよ。でもさ、制作はスクエニじゃないよ」

ここまで、エルシャダイ サウンドトラックの会話。以下、続きです。

「7時間で終わるんだ? いや、クリアに何十時間とかなゲームは辛いからさ。数時間で終わるぐらいのを、何回か繰り返すぐらいが丁度いいよね」
「そうだね。何週間もかけてクリアとか、結構大変だよね」
「しかしうちらはいいけど、学生とかで7時間で終わったら切れるよね」
「うちらも歳を取ったよね」
「いや、本当に全く」

ゲームは内容が重要。とは言っても実際問題として、時間に対するコストは重要視されることが多々あります。

年齢層が低ければ、「ゲーム一本の値段/総プレイ時間」は低ければ低いほど喜ばれやすいです。逆に社会人になってある程度の年齢を重ねると、逆の傾向が見られやすいです。

この話を別の知人にしたところ、「言ってることは分からんでもないけど。そういや君、今までで一番長くプレイしたゲームはどれぐらいの時間?」、なんて返されたわけです。

しばし考えて、出した数字。およそ170から180時間。確かPC98のサバッシュ2でそれぐらいの時間です。DCのファンタシースターオンラインは、160時間ぐらいでしょうか。

その答えを聞いて、知人の一言。「へぇ、もっとやっているかと思ってたけど、結構短いんだね」。

感じ方は人それぞれだと思いますが、自分でも短いかなと思います。ちなみにその知人は、最長で300時間ぐらいだそうです。逝ってしまっている人と比べると、圧倒的に少ない時間と捉えることもできますが、少なくとも私より遊ぶ時間が長いのは間違いありません。

さて、あくまで私の感覚という但し書き付きですが、200時間の壁がある事になります。そこに到達するまでにいくつもの壁を乗り越えないといけないのですが、どんな壁があるのか?

50時間の壁

大作RPGのゆっくりプレイの壁。さっさと遊ぶと越えられません。じっくり遊んで、ようやく越えられる壁。最近の私ではドラクエがかろうじて、FFでは越えられません。

100時間の壁

じっくりやりこみRPGの壁。二つ名は50円玉一枚でどんだけゲーセンに長居できるかの壁。レベル上げを一生懸命やったり、RPG二回目クリアに突入すると、この壁をぎりぎり越えるか越えないか。天外魔境2、その他多数が、このレベルに達しています。

150時間の壁

レアアイテム死ぬ気でゲットの壁。別名RPGを別パーティで何度もクリアしなおすの壁。自分の感覚としては、ここの壁を越えるのが限界。先にも述べたサバッシュ2、ファンタシースターオンラインがこのレベルに達しています。

200時間の壁

前人未踏の領域。分析、研究のレベルにならないと、この時間を越えられなさそう。もしくは女の子とチャットするのを目的でプレイするとか。何れにしても、既にゲームをやっているとは言わないレベルに達していそうです。

まとめ

200時間という壁。私は一生越えることはなく、人生を終えることになるでしょう。今は100時間ですら怪しいです。

ゲームをとりまく環境は日々変わっていて、特にネットワークゲーム。これは凄まじい時間がかかるというか、時間を消費させる事を目的としている一面があります。全てではありませんが、そういうのがあるのは間違いありません。

今の若い人達は、モンハン等にはまっていることも多いのでしょう。そうなると私が思うところの200時間の壁は、あっさり越えていそうです。

逆に私と同世代の人であれば、大体似たような感覚を持っているのではないかと思います。あくまで私の主観ですので、実際のところは不明ですが。

500時間の壁(おまけ)

仕事の壁。別名デバッグの壁。遊びで越えられる人は、本気で尊敬します。


Related posts:

  1. ゲームミュージックブログ開始
  2. 夢幻戦士ヴァリスIIで萌えた奴はいるのか?
  3. リアルメイドと喫茶店とToHeart
  4. ニーアゲシュタルト&レプリカント オリジナル・サウンドトラック
  5. ゲームミュージック情報だけ効率よく収集できるのか?

コメント:2

random walk 2011/06/24

はじめまして。

ゲームのボリュームのとらえ方は人それぞれなんですね。僕の場合、最大でも50時間ぐらいです。最近では、50時間という数字はかなり辛いです。短く遊べるゲームを繰り返しやるほうが良いかもしれません。社会人が50時間を捻出しようとすると大変なことになりますからね。

admin 2011/06/25

random walkさん

はじめまして。

50時間が最大ですか。なるほど、私の想像していた下限よりまだ少ない感じですね。
でも仰ることはよく理解もできます。毎日2時間でも約1ヶ月ですからね。
ある程度仕事が忙しい方だと、相当に気長にプレイしないとクリアできなさそうです。

プレイし始めると、やはり先を見たくなるものです。それで無理した生活になると
日常が疲れますよね。

その辺もあってCDに移行している面がありますね、私は。ゲームはかなり積んでいます。
ちょっとは解消したいと思い、ブログを始めたのですが、さてどうなることやら。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/column/game528/trackback/
トラックバックの送信元リスト
ゲームは一本二百時間 - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > コラム > ゲームは一本二百時間

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る