HOME > コラム > 週一配信のゲームはどうなんだろうか

週一配信のゲームはどうなんだろうか

相変わらずのアスラズラースのネタとなります。いや、あのゲームは色々な意味で面白く、考えさせられるところがあると思うわけです。ブログのネタにはしやすいですね。

先日に発表がありました。第四部となる輪壊編(19話から22話)を4/24に公開とのこと。追加DLCで700円かかるそうです。金の蜘蛛と書いて皆殺し、とは読みませんけど、モノホンの神様相手のバトルとなるのでしょう。最初からタダで遊ばせろよと非難の声が結構あるようですけど、気持ちは分からないでもないです。

最初に言ってくれれば、すっきりするんですけどね。嫌なら買うなってことですから。隠すから文句の声が出るし、それなりにもっともな意見となってしまう。メーカー側にも、言ったら売り上げが落ちるんじゃないか的な後ろめたい気持ちがあるからこそ、後出しで言っているのでしょう。

4/24というと、一ヶ月以上も間が開きます。こんなに間を空けるぐらいなら、明らかにテレビアニメを意識した作りをそのまま生かして、各エピソードを週1から2の配信にすれば丁度いいのでは? 単純にそう思いました。10話ぐらいは最初から公開して、残りは1話100から150円で配信といったところでしょう。そうなるとソフトの価格は5000円ぐらいが無難でしょうか。

実験的な試みは大作で行うものではないと思いますけど、実質、分割商売と言えることをやっています。思い切ってそれぐらいのことをやれば、非難の声も少なく、面白かったのではないかとは思うのですけどね。盛大にこける可能性も十分にありえますので、やっぱり金のかかったソフトでやるべきではないと思いますが。

後半のシナリオを配信にした理由というと、まず思いつくのが利益の最大化。次に思いつくのは中古対策、残るは違法DL対策と言ったところでしょうか。

中古対策ですけど、ちょっと追加DLCの公表が遅いですよね。発売から二週間後の発表です。早い人は一種間ぐらいでさくっと中古に出してしまうでしょう。そもそも本作は10時間もあれば大体終わりますので、下手すると発売翌日には売られてしまいます。追加情報について知らずに売り払われそうなので、中古対策としては微妙な感じもします。

違法DL絡みは詳しくないのですけど、XBOXは余裕でコピーされているのかな? タダで遊ぶ連中が追加DLCを買うとは思えませんから、最後まで遊ばせないという意味で心情的にすっきりするというのはあるのかもしれません。

単純に利益の追求ということでいいのでしょうか。それならに毎週配信も悪くはなさそうだし、むしろ堂々とそれぐらいやってほしいところです。以前にもやっているわけだしと、カプコンの連作RPG、隔月発売全七巻なエルドラドゲートを思い出しつつ了。

余談
本作がテレビアニメ2クール24話を意識しているとするのなら、更に隠し玉の2話があるのではないかと妄想してみたくもなりますが、さて。


Related posts:

  1. ゲームミュージックブログ開始
  2. CDの帯と価値観の相違
  3. CDの帯の価値
  4. ゲーセンの麻雀料金と真剣勝負と
  5. 入手困難なゲームソフト程面白い

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/column/game1699/trackback/
トラックバックの送信元リスト
週一配信のゲームはどうなんだろうか - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > コラム > 週一配信のゲームはどうなんだろうか

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る