HOME > 書籍 > シューティングゲームサイド vol.1

シューティングゲームサイド vol.1

6末にvol.2が出るそうなので、その前に取り上げておきます。

ゲームサイドは新旧問わずに様々なゲームを取り上げていた雑誌でしたが、唐突に廃刊。真かどうか知りませんが、金にならんから廃刊的な噂を聞いたこともあり、そんなもんかと納得していたら、シューティングゲームサイドとして復活したので、相当にびびった記憶があります。

廃刊の真意はともかく、完全に一ジャンル偏った雑誌、というより書籍に変貌を遂げました。こういう形になってくれると、手元に残しやすいです。私はゲームサイドをたまに買ったり、部屋が手狭になったら捨てたりを繰り返していましたけど、これなら手元に残しそうです。毎月一冊では残しきれないし、今回のように半年から1年ぐらいのスパンで発刊されると丁度良さそうです。

vol.1の巻頭はダライアスバースト、赤い刀などのCAVE系シューティング。あとはハドソンのファミコンを含むキャラバン系STG等々、幅広く扱っています。最新のSTGを巻頭に持ってきつつ、独自の切り口で過去の作品を集めて構成する書籍のようです。

STG系ゲームミュージックに関する記事も、そこそこに多いです。個人的には嬉しい記事です。しかしSTG系ゲームミュージックというジャンルが成立するのは、不思議な感じではあります。格闘のゲームミュージックを集める話はあまり聞かないですけど、STGのゲームミュージックを集める人の話はよく聞きますから。

この辺の理由を追求していくと、シューティング雑誌なんてのが成立する理由につながる気がします。分析をぶっとばして結論を言ってしまうと、お金を落とす層か否かってことでしょうか。

同人STGに関する記事もありますが、私はこれにはあまり興味ありません。神威と脱衣センチSTGぐらいしかやったことがありませんから。

以前もそうでしたが、頑張っている雑誌であるのは間違いありません。攻略情報に興味はなく、開発、時代背景等につっこんだ部分を知りたい方には、買う価値があるものに仕上がっています。

余談
vol.2はグラディウス特集だそうで、ここ最近に発売されたオトメディウスが中心になるのでしょう。しかしオトメディウスでいい噂を聞いたことがありません。どんな記事になっているのやら。


Related posts:

  1. ゲームミュージックブログ開始
  2. MILESTONE SOUND COLLECTIONの発売決定
  3. ゲームミュージックライブのEXTENDに行った件
  4. オペレーションラグナロク
  5. UPL レトロゲームミュージックコレクション

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gamemusic1.com/book/game201/trackback/
トラックバックの送信元リスト
シューティングゲームサイド vol.1 - ゲームミュージック第一主義 より

HOME > 書籍 > シューティングゲームサイド vol.1

月別アーカイブ
QLOOKアクセス解析

ページの上部に戻る